出展者募集

作品公募
Artrooming Market 03_告知

Artrooming Market vol.3

  • 開催期間:2/11(木)2/27(土)
  • 出展形式:作品公募
  • 出展料金:1点2500円
  • 募集締切:12/23(水)24時
  • 定員:100人前後
  • ●参加条件→スマホお持ちの方(ウェブ共有フォルダを使用するため)
    ▼下部入力フォームにて応募可

つくしチーム_イチモトこんにちは、つくしチーム代表のイチモトです。

ARM会場写真
[アートルーミングマーケット]は、2020年3月と6月に開催しましたミニ原画即売展覧会です。

世間的には、グッズ販売やデジタル作品を観せられることをメインにした、
イベントやサービスが増えていて、もちろんその類いも大好きなのですが、
絵描きの最上級の創作物は原画と考えていて、当企画を実施するに至りました。
原画を売る!が明確なコンセプトですが、作家性は大事にしつつ買いたくなる仕組みにし、
また額縁店での開催ならではの恩恵として、無償レンタルで額装し、展示しました。

 

第3段となる今回は、ギャラリー(オフライン)→オンライン(BASE)で販売。
東海地方のアートファンに、原画の現物を観て楽しんで(買って)もらい、
出展者の皆さんの全国のファンに、ぜひ大好きな作家の原画を買ってもらう、
という、2段構えの企画になっております。

 

出展者も多いので(100人前後)、各自のファンが当イベントをのぞき、
新しい作家作品に出会う場にもなればと思っています。
※前回は、ギャラリーのみで70作の販売になりました

 

出展方法は簡単で、原画を描いて、送るか持込みくだされば、(紙原画の方は送りのみ)
ギャラリーで展示販売し、原画をこちらで撮影しましてオンラインでも販売します。簡単!

 

つくしチームは、作家作品をファンはもちろん、一般にももっと広げたいと考えています。
そのために、原画を飾る素敵さを明確に伝えていきたいと思っています。
長く続けられる、絵描き作家の原画の集まる場所にしたいです。
ぜひ、ご賛同ご参加のほどよろしくお願いいたします。

 

会期
ギャラリー(オフライン):2/11(木)~14(日)
オンライン(BASE):2/17(水)~27(土)

 

ギャラリー会場
納屋橋Komore 2F [高山額縁店2F]
時間:10時~19時 ※日祝は12時~17時
入場:200円 ※出展者は無料
住所:450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1-1-17
最寄:地下鉄東山線・鶴舞線[伏見]駅より徒歩7分
駐車:近辺の有料駐車場をご利用ください(30分200円等々)



 

オンライン会場
TSUKUSHI TEAM SHOP(BASE)

 

インスタグラムでも掲載

 

出展者数
100人位 ※各自出品数により前後

 

ハッシュタグ
#artroomingMKT

 

企画運営
TSUKUSHI TEAM
担当:市本達也
受付:info@tsukushi-team.com

 

出展料
[1]紙(ポストカードサイズ)の原画:1点2500円
  +額装・展示代行料 500円(原画何点でも500円)
[2]キャンバス(or木製パネル紙貼り)0号Sサイズの原画:1点2500円
※1人どちらか1点から合計3点までOK
※マージンなし

 

参加
作品などのご準備と、搬入出のご参加(ご配送)お願いします
[1]HPから応募 → 運営からの応募受理メールに返信をして出展確定
[2]12/28(月)までに、出展料を運営に振込
[3]1/10(日)までに、出展に必要な情報を専用入力フォームにて運営に送信
[4]紙原画の方の搬入は、1/8(金)~1/15(金)までに原画を配送着 → 額装 → 運営が展示
[5]キャンバスの方の搬入は、配送(展示代行)は2/8(月)必着、直接は2/10(水)持込
[6]ギャラリー展示 → オンライン展示 → 返却は配送か2/28(日)直接受渡し
[7]売上金は、返却直接の方は手渡し、配送の方は後日振込(手数料差し引きご了承ください)
※詳細は応募受理メールにて

 

制作
原画を買ってもらうッ!ために、商売的な観点で考察すると、
部屋に飾ってもらうことを前提に作品をつくることです。
とはいえ、作家性(自由に好きな絵を描くこと)をないがしろにしてしまったら楽しくありません。
ですので、部屋に飾る=インテリアとしての機能を押さえつつ、
作家性に富んだ絵を描けるように、以下の作品テーマを設けます。

 

▶︎まず、作品のメインカラーを以下から1つ選び反映ください
グリーン/ピンク/ブルー/ブラウン/モノクロ
※全体の70%位が上記の各色合いになっていれば、他の色を使ってもOK

 

▶︎次に、作品のメインモチーフを以下から1つ選び反映ください
植物/生き物/人(擬人化OK)/風景/抽象画
※中心となるモチーフが上記の絵になっていれば、他のモチーフを使ってもOK

 

以上、2つのテーマに添い、制作お願いします。
※2・3作目それぞれテーマ選択OK

 

作品
アナログで新作でお願いします
作 品 形 態:平面 ※半立体NG
規定サイズ:[1]紙原画:縦154×横107mm ※横長NG
      [2]キャンバス0号S(or木製パネル紙貼り):縦180×横180mm
規定納品数:最大3点
キャプション:持込設置不可 ※つくしチームが用意
販 売 価 格:5000円・7000円・9000円・12000円・15000円・18000円・
      23000円・27000円・30000円・35000円から選択

 

紙原画の方の額装 ※キャンバスは額装せずに販売
高山額縁店が制作した額を、無償でレンタルします。
原画を描いて郵送さえしてくだされば、あとは全部お任せで簡単に展示販売できます!
原画を制作する前に、普段の画風や今回のテイストを基準に、
額タイプを以下から(1作につき)1つ、参考として希望を集めます。※完成後の変更OK
ナチュラルな木目/白系/黒系/金/銀/重厚感/高級感
原画が到着したら、高山額縁店が作風と額タイプ希望を見て、
額を3つ見繕い、写真をメールでお送りしますので、選定ください。
選定した額装で展示・販売します。

 

▶︎額装ラインナップの参考はこちら
▶︎原画が購入されたら、額代1500円(高級感タイプは2000円)を引いた金額を作者へお渡し

▶︎原画を返却する際に、レンタルした額が気に入れば1500円で購入可
※通常2000円以上で販売している良質な額を今回特別な価格で提供くださいます

 

準備
▶︎出展者は下記をご準備ください
[1]原画
[2]返却用のヤマト運輸着払い伝票(必須事項記入済)
[任意]名刺 ※1人50枚まで ※10×6cm以内
[紙原画の方]メモを同封(額タイプ希望1つ・出展番号・作家名・作品名・価格)
[キャンバスの直接搬入の方]返送用の梱包材

 

▶︎つくしチームが下記を用意します
[1]紙原画用の額
[2]展示用のキャプション
[3]展示用のクギ
[4]名刺入れ箱
[5]原画購入時の梱包材

 

搬入
▶︎紙原画の方は要配送
1/8(金)~1/15(金)の内に必着 ※時間指定できる場合は午後
・送料自己負担
・ご協力くださりたい梱包方法あり ※詳細は別紙にて
・出展番号と作家名と本名を梱包外面に必ず記載

 

▶︎キャンバスの方
配送:2/8(月)必着
   ※別途代行料500円で展示作業を承ります
   ※送料自己負担、郵便でもヤマト・佐川でもOK
   ※出展番号と作家名と本名を梱包外面に必ず記載
直接:2/10(水)16~20時まで

 

搬出
直接:2/28(日)17~19時
配送:3/5(金)までに発送
   ※着払いご了承ください
   ※着払い伝票の送り主欄は、高山額縁店の住所と電話052-582-2710を記載ください

 

販売
▶︎ギャラリー(オフライン)
即売会ですので、原画はその場で購入者持ち帰りになります。
購入した原画を帰宅したらすぐ飾れるように、
会場でミニイーゼルやコマンドタブフックなども販売します。

 

▶︎オンライン(BASE)
ギャラリーで購入された原画は掲載されません。
オンラインでは、+税で販売します。税分はBASEのマージンに当てます。
例:価格5000円の場合→ギャラリーでは5000円で販売→BASEでは5500円(税込)で販売
  →何れにせよ作者には5000円お渡し、税分500円はBASEマージン等に当てます(ほぼ抹消)

 


ここからは企画の解説等。出展するうえで必読ではないですが、お時間あるときに。

展示
壁面をテーマカラーごとに区分けして、原画を展示します。
そして、各原画に添えるキャプションにモチーフの種別を記載し、
好きなカラーとモチーフを指標に、初心者でも自分好みの原画が探しやすくなっています。

 

[制作]の意図
▶︎[作品のメインカラーを選び反映ください]の意図
まずシンプルに、購入者(特に初心者)が自分の好きなカラーを指標に、
原画を選べられるようになるので、購買意欲に繋がると思いました。
そして、自分の部屋に馴染む色の絵画を飾りたい、という気持ちに合わせるためです。
インテリアコーディネートの観点だと、部屋の配色は、
[1]ベースカラー(部屋の70%にあたる床や壁などの下地の色)
[2]テーマカラー(部屋の25%にあたるカーテンやソファなどの家具の色)
[3]アクセントカラー(部屋の5%にあたる雑貨やクッションなどの小物の色)
で構成されていて、順当に考えると絵画はアクセントカラーに含まれそうですが、
絵画を飾り慣れていない方が多数だと想定して、部屋により馴染むテーマカラーを基準に、
部屋の定番のテイストや男女性別を考慮し、5つのカラーを選びました。

 

▶︎[作品のメインモチーフを選び反映ください]の意図
自分の部屋は、パーソナルな(毎日生活する)空間です。
そこに絵画を飾るとなれば、やはり自分が好きなものが描かれた絵を選びたいと思います。
虫が苦手な人が虫の絵を飾ることはないかと思います。(もちろん虫好きには最高のインテリアです)
定番でインテリアに合いそうな、5つのモチーフを選びました。

 

[紙原画の方の額装]の意図
つくしチームが高山額縁店にお願いして、協力くださることになったサービスです。
高山額縁店の額縁を使いたい理由は、まず大前提で質が良く(価格も良心的にしてくれています)、
3つあります。

 

[1]額のクオリティが統一で高ければ、原画即売会として期待度が高くなるから
[2]額がしょぼいと原画そのものもしょぼく見えてしまうので、しっかりした額で原画を観せたい
  ※一生懸命つくってくれた料理は、素敵なお皿で出してあげたいみたいな
[3]もし原画が売れなくても、額代の出費はなく、気が楽

 

通販や量販店で買いやすい額を買って、行き当たりで額装するのとは違う興奮があると思います!

 

[おまけ]名刺について
これは、流してもらっても良い話なのですが、
イベントで名刺を持って帰るお客さんは、作家の情報や連絡先を知りたい人はもちろん、
作品は買えないけどその作家さんの絵を名刺で持って帰りたい人も多いと思います。
帰宅して部屋で名刺を飾ってる人もいるのかなと想像しています。。

 

名刺も皆さんお金をかけてつくっているので、絵描きですし折角であれば、
[作家情報+絵を飾れる]にしたら、[作家情報]だけで終わってしまう名刺よりも、
絵を部屋で毎日観てもらえ→もっとファンになって→名刺の作家情報からSNSも開いて、、
と、良い流れが生まれるのかなあなんて考えたことがありました。
実施してる作家さんもいるかとは思います。

 

そしてそれって、部屋に原画を飾りたくなる第一歩なのでは!と思い、
当企画にぴったりなので、おまけ企画を実施します。することは簡単です。

 

会場で名刺サイズの額を販売し、作家名刺を飾りませんか?というポップをつけるだけです。
出展の皆さんは自由参加で、以下のことをお願いします。

 

▶︎片面全面を絵のみの印刷にする ※文字を入れない

 

新しい名刺をつくることになるかと思いますので、自由参加で大丈夫です。
おまけ企画に合わせてくださった名刺は、名刺額の横にサンプルとして設置します。

エントリーフォーム

参加ご希望の方は、下記に必要事項をご入力のうえ送信ください。

出展概要必須 確認しました
作家(屋号)名必須
ふりがな(平仮名)必須
肩書き(職業)
メールアドレス必須
確認用必須
作品が見れるウェブURL
応募受理メール のちほど送信される応募受理メールにメール返信で申込完了です
質問 ※出展タイプなどは応募受理メールで回答ください

募集中イベント一覧一覧へ戻る

PAGE TOP