出展者募集

つくし展_1

大人のポスターコンクール現在募集中

  • 開催期間:6/17(火)6/23(日)
  • 募集締切:4/30(火)の24時まで
  • 定員:30人 ※1人で2作品出展OK
  • ▼下部入力フォームにて応募可

つくし展_2
↑写真は同会場での別企画時の様子。展示方法など今回も同じ風になるかと思います
 
 
 
●作家作品の発表・挑戦の場として、
 テーマを設け広く作品を募集する、コンペ展覧会!
 ※来場者投票で優秀賞選出。各テーマ1つずつ好みの1作品に1票(計3票)

はじめまして。つくしチームのナナと申します。
皆さんは小学校の夏休みの宿題と聞くと、何を思い出しますか?

なぞって書いてを繰り返し、「あれ?こんな漢字あったっけ?」と
脳がゲシュタルト崩壊を引き起こす漢字ドリル。
1つ2つ解いて手ごたえを感じ、もう今日で5ページくらい終わるんちゃう?と思った矢先、
“ひし形の面積ゾーン”に絶望した終わりの見えない計算ドリル。
もうこれ以上自分の思いの丈を紡ぎ切れず、
次のマス目に字が書けない白紙の圧迫感に追い詰められた結果、
行数稼ぎのため本の文章をごっそり抜き出し“忍法・引用の術”を駆使した読書感想文。

そして一切答えも逃げ道も無く、誤魔化しが効かない個性大爆発の宿題といえば、
そうです、“啓発ポスター”です。

やたら大きい画用紙に決められたテーマの絵を描かなくてはならない、
歯がゆさ、戸惑い、混乱、覚醒、そして完成。
しかし、達成感と少しの胸の高鳴りを感じつつ登校した新学期、
教室での見せ合いっこの瞬間に私は思いました。
「めっちゃ絵、かぶってるやん」と。

…そんな懐かしい(かはさておき)夏の思い出を、
大人になった今あえて“かぶるかもしれない”という可能性を楽しむのはどうだろう?と思いました。
それぞれの個性が集まることでお互いを引き立てることはもちろん、
同じテーマの作品が集まって1つのアートとなるのも、芸術の楽しさかなと思います。

「こんな感じの絵あったよね、当時こんな絵を描いたよ~」など、
あなたの中の“定番あるある”を童心に帰って、イラストで表現してください。

日頃のちょっとした気分転換や息抜きに、ゆるゆると参加していただけたら嬉しいです。

*今ぱっと浮かんだその脳内イラストをお待ちしております
*ゆるくてOK、本気出してみた系も大歓迎
*キーワード #啓発ポスターあるある #既視感 #あの頃
 
 
=== 開 催 概 要 ===

●会期
6/18(火)~23(日)
11時~18時半 (最終日17時半まで)

●会場
ART SPACE A-1
入場:無料
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-24-28
最寄:地下鉄[伏見]or[大須観音]駅徒歩すぐ

●企画運営
TSUKUSHI TEAM
受付:tsukushiso@yahoo.co.jp
HP:tsukushi-team.com
 
 
=== 参 加 概 要 ===

●出展料
6,000円

●作品テーマ
3つのテーマから最大2つまで出展OK
また、下記を作品名として統一します
ですので、[1]であれば、[はをみがこう]という作品名の作品を制作ください

[1]はをみがこう
[2]とびだしちゅうい
[3]みんなともだち

●優秀賞
各テーマごとの優秀賞作品をステッカーにして、ギャラリーや今後のつくし企画の会場で販売
そして、作品を印刷した受賞トロフィー(アクリルのたて)を贈呈!

●作品
ジ ャ ン ル:手描きの絵画(アート・イラスト・抽象画など)
文 字 入 れ:テーマに沿っていれば内容自由
作 品 形 態:平面 or 壁に掛けられる半立体(奥行10cm以内)
規定サイズ:キャンバスの場合→F6号/318×410mm
      用紙などの場合→A3/297×420mm(+額サイズ)
      ※縦横自由
規定作品数:1テーマ1点(最大2テーマ各1点) ※規定サイズ内での複数点の展示不可
展示スペース:壁面にテーマ区分で出展ナンバー順に展示
展 示 方 法:クギ・ピン類 ※壁に穴空けOK
キャプション:設置不可
展示作品販売:OK ※マージンなし ※購入者への受渡しは会期終了後

●参加
作品などのご準備と、搬入出のご参加(ご配送)お願いします
[1]HPから応募
[2]運営からの応募受理メールに返信をして応募完了
[3]5/10(金)までに、出展料を運営に振込
[4]期限内に振込が運営で確認できたら出展確定
[5]5/26(日)までに、出展に必要な情報を専用入力フォームにて運営に送信
[6]搬入(or配送)
[7]交流会:6/22(土) ※参加自由
[8]搬出(or配送)
※詳細は応募受理メールにてお伝えします

●準備
>出展者は下記をご準備ください
[1]展示作品
[2]展示に必要な部品と工具 ※クギやトンカチなど
[任意]名刺 ※1人50枚まで ※10×6cm以内
[搬入配送の方は]展示指示書
[搬出配送の方は]梱包材・ヤマト運輸着払い伝票(必須事項記入済)

>つくしチームが下記を用意します
[1]出展者一覧パネル
[2]作家名&価格キャプション ※搬入当日手書きで記入(配送の方は代筆)
[3]集合名刺入れ箱
[4]芳名帳
[5]感想帳
[6]展示作業用の脚立・メジャー

●搬入
[1]直接持込
>6/17(月)
受付:15~19時までに会場で受付
設置:~20時までに展示完了
or
[2]配送
>6/16(日)の日付指定
別途代行料800円で展示作業を承ります
作品を梱包材外せばそのまま展示できる格好にして、
エーワン会場に[つくしチーム市本]宛でご配送ください ※送料自己負担
※出展者ナンバー・作家名・本名を必ず記載ください
※梱包段ボールや私物には可能な限り記名ください(紛失を防ぐため)

●搬出
[1]直接持帰
>6/23(日)
17時半~19時完全撤収
or
[2]配送
>6/26(水)までに発送 ※着払いご了承ください
別途代行料800円で梱包・発送作業を承ります

●交流会
参加:1,500円
日時:6/22(土) 19時~21時
会場:ART SPACE A-1
内容:ギャラリースタッフのお姉さんたちの豪華な手料理とドリンク(お酒)を、
   皆さんで食べ飲みしながら交流しますの会です
   SNS経由で皆さん知り合いは多いかとおもいますが、
   やっぱり直接会ってなにげない話でもするだけで、より仲間になったり、楽しそうです
   実際、交流会で会った作家同士で、グループ展をする!なんて話もけっこうあります
   つくし企画の交流会はいつも、優しいかんじの交流会になるので笑、
   友達いなくて不安!な方でも、お気軽に楽しめるとおもいます、よ!
 
 
 
*あとがき
今回、このポスター展を行うにあたり、
夏の暑い日に冷たい麦茶を飲みながら幼なじみと一緒に交通安全ポスターを描き、
2人揃って信号の色の並びを間違えたまま提出したことや、
カバンの持ち手を半分しか描いてないミスを犯していたことなど、
色々なミス…ではなくたくさんの夏の思い出が浮かんできました。

全ての工作物は父に通ずるという暗黙の家訓のもと、
手編みの鍋敷きも座布団も全て父がきれいに作ってくれたことも…。
確か私が小学1年生の頃、貯金箱を作る宿題が出た時に
「学校の怪談(映画)に出てくるハニワの貯金箱作って」と、
お金を入れると両手が動く貯金箱を制作し、
夏から冬まで優秀賞として、ガラスケースの中に飾られていたことが一番印象的な思い出です。
飾られる嬉しさと父が何でも器用に作ることが出来る羨ましさ、そしてほんのちょっとの罪悪感。

その時感じた想いを胸に、これからは自分で作ってみようと思うきっかけに
なったということは後にも先にも無いのですが、
ただ、頭で浮かんだものが形になっていく過程や目の前に現実として存在すること、
そして何より、人と共有できることは本当に楽しいことだなと思いました。

それは工作物だけでなく、提案・企画し皆で作り上げた展覧会や
頭の中で描いていたものが叶った瞬間など、
内容は様々ですが、身近なところにたくさんの挑戦と喜びがあります。
もちろん壁にぶち当たる時もありますが、
そんな時こそ自分が吐き出し易い場所へ投げかけてみるべきだなと私は思っています。

貯金箱や鍋敷き、座布団も工作が苦手な私は1人では出来なかったですが、
悪戦苦闘したのち、何をどんな風に作りたいのかを話した上で
教わりつつ喋りつつ同じ目的に向かって一緒に作ることはとても楽しかったです。

そして、今回のポスター展もつくしチームスタッフとの楽しいお喋りの中から
たくさんのヒントをもらって実現しました。

「楽しい」という感情が心にあると、巡りめぐって色々なことを好転させてくれます。
この展覧会だけでなく、今後の色々なつくしチームのイベントがきっかけとなって、
誰かの心がわくわくすることに繋がれば嬉しいです。

Nana.*

エントリーフォーム

参加ご希望の方は、下記に必要事項をご入力のうえ送信ください。

出展概要必須 確認しました
作家名(or屋号名)必須
ふりがな必須
肩書き(職業)
メールアドレス必須
確認用必須
作品の見られるウェブサイトのURL
応募受理メール のちほど送信される応募受理メールにメール返信で申込完了です
質問・特記事項

募集中イベント一覧一覧へ戻る

PAGE TOP