つくし報

2018年もますます「つくし」ます

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2018.01.01

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。

昨年はつくしの企画にご参加くださいましてありがとうございました。
2018年を迎えるにあたり、新年一発目のブログではつくしの1年間を振り返ってみました。

 

2017年は4月の「つくしのブックカバー展」からスタートしたつくしの展示・販売、それぞれの企画。
数えてみますと、13の企画と常設販売、のべ570人(!)のみなさんにご参加いただいておりました。

主なトピックスはこんな感じ。

 

●本屋さんでアート、はじまる

つくし報_35_1

今年から始まったつくしのブックカバー展をはじめとした三省堂書店名古屋本店さんとの試み。
今日まで開催されていたつくしの年賀状・ポストカード展も、今年はこちらで開催させていただきました。
昨年くらいから作家さんとアートグッズを作る試みは行ってきましたが、定型のものとアート・デザインを組み合わせて、持ち歩く楽しみをさらに深化をさせた1年だったように思います。
2018年も2月の「つくしのICカード展」からはじまり、さまざまな企画を予定しています。
ただいま参加者募集中!2月開催「つくしのICカードケース展」
エントリーはこちら

 

●アートグッズ販売も多彩に

つくし報_35_2

東急ハンズさANNEX店さんとの販売イベント「つくし堂」は、「なごや栄動物園」に続くテーマ企画
「Girls Goods Gallery」がデビュー。
女の子向け、ガーリーなグッズを集めたイベントはセントラルパークでご好評いただき、新しい作家さんともたくさんの出会いがありました。

 

●つくし荘・つくし賞・つくし堂は9月まるっと!

つくし報_35_3

つくし報_35_4

つくし報_35_5

9月は選抜展つくし荘・コンペ展つくし賞・アートグッズショップつくし堂、同時期開催。
のべ246人の作家によるほぼ1ヶ月にわたる大規模なアートのお祭りとなりました。
複数企画に参加して販売と展示を同時にできたり、コンペ展参加者のみなさんたちが選抜展の作品たちを何度も見にきて気持ち新たにしてくださったり。
同時開催だからこそできる、多彩な楽しみや刺激が生まれたようで我々スタッフも嬉しいです。

様々な企画あれど、みなさんの原画や作品や、本来作っている100パーセントがこれでもかと見られるこの企画はわたしたちの原点。
そんなわたしたちの原点・「つくし荘」は来年で10周年(!)を迎えます。
記念すべき10回目、さらにみなさんにいただけるよう磨いていきたいと思います。ご期待ください!

 

13企画570名を振り返り思い浮かべてみると、我々つくしチームのイベントがどんどん広がり、たくさんのみなさんにお楽しみいただけているのは、
まちがいなく出展してくださる・そして楽しんでくださる作家さんがいらっしゃるおかげだなあと改めて感じます。
感謝してもしきれません。
2018年もみなさんのつくる活動をつなぎ、楽しみを増やしていけるよう「つくし」てまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

例年、我々つくしチームは冬場は企画を控えめにして準備期間をとるのですが、
今年はそうは言っていられない…!
2月には選抜作家による原画・作品展「つくしの犬猫展」が(開催決定!詳細は後日ご確認ください)
そしてICカードケースを製作・販売する「つくしのICカードケース展」を開催します。

この10年間でつくしチームが出会い、得たものを最大限に発揮して、ますます見応えある、参加したくなる、ワクワクドキドキする展示や制作・販売などを開催していきます。

2018年もどうぞお付き合いください。

 

〜つくし報 NO.35〜
書き手:大澤

PAGE TOP