つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】 kita(第2部、Komore)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.23

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介しています。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

kita(第2部、納屋橋Komore会場)
Profile:
まったりと、いきものを描いたり創ったりしています。
Web:http://kitayaya.tumblr.com

 

kita_1

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
小さい頃から絵を描いたり作ったりするのが好きでした。今はその延長線で趣味で創作活動をしています。

Q:
作品に出てくる女の子や動物たちは目の輝き(アイラインがきれい!)だったり、おしゃれだったり、まるで物語の一場面を切り取ったみたいだなと思います。
普段、どのようなもの・ことから作品のイメージを膨らませているのでしょうか。
A:
作品ひとつひとつに人物の心情や物語を詰め込んでいます。映画・音楽や言葉遊びから案が飛び出してくることが多いです。気になる動物を調べたり花の図鑑をめくったりして、そこから広げていくこともあります。

Q:
完成した作品は線がとてもシンプルで洗練されているのに、メイキング画像を拝見すると、かなり下絵が描き込まれていて印象的でした。作品の下絵というかデザインを決めるまで、着彩、どのくらいの時間をかけて制作されていますか?
A:
線にはこだわっているのでそう言ってもらえて嬉しいです。
おおまかなラフを基に、シンプルで気持ちのいい線を納得のいくまで描き出します。
下絵の段階で線はじっくりしっかり描くので、A5くらいの作品だと下絵で1日~、着彩で2日~かかります。集中力が続かず実際もっとかかってしまいます…。

Q:
絵の具、すぐになくなっちゃう色は何色ですか?
A:
白です。作品での白い部分は、余白ではなく「白」という色として扱うことが多いので、下地で色を着けた上から塗り重ねています。
あと、人物の肌が白色なのでよく使います。

Q:
四角い紙・四角い額装にとどまらないまるでインテリア雑貨のような作品も多く、すばらしいセンスだなあ…と思います。こんな形の作品をつくろう、額装をしよう、というのはどのように思いつくのですか?
A:
純粋に、こうしたら楽しそうと思ったものを作っています。イメージ通りにいかず失敗することもたくさんあります。完成して飾ったとき初めて作品が息をするようで、なんだか嬉しくなります。
額や木は目に止まったものを購入して、そこからイメージを膨らませることが多いです。

Q:
最後に、今後作家としてチャレンジしたい目標や、こんな活動をしてみたい!といった野望、教えていただけませんか?
A:
個展を開くのが密かな夢です。
いろいろなこだわりとスローペースなせいで未定ですが、いつかできたらなあと思っています。

kita_2

洗練された線や眼差し、遊び心溢れる素材づかい。オリジナリティ溢れる作品から、ひらめきでもりもり創る方と思いきや、そこから納得いくまで試行錯誤しながら制作するkitaさんのこだわりを強く感じたインタビューでした。
行錯誤したプロセスは一切見せず、余裕や気品すら感じさせる作品たちは、まるで水かく姿を見せない水鳥のよう。宝物にしたいと憧れるひとが続出する小さな作品たち、ぜひご覧ください。今回運命の出会いをするのはあなたかも。

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP