つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】 きみこ(第2部、Komore)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.23

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介しています。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

きみこ(第2部、納屋橋Komore会場)
Profile:
食べ物やいきものをよく描いています。
画材はアクリルガッシュです。
名古屋のクリエーターズマーケットや、東京のデザインフェスタでは「ブリキのチケット」という名前で出展しています。
どうぞよろしくお願いします。
Web:http://buriki-ticket.wix.com/portfolio
http://twitter.com/kimidori_ao

 

きみこ_1

 

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
小さいころから絵を描いていて、その延長線だと思います。
専門学校に入ってから今の絵に近いものを描き始めました。

Q:
クレヨンのように濃密で少々のかすれがどこかあたたかくてとても心に残ります。
以前、制作風景をtorideで拝見したとき、少量の水分で絵の具を置いていくのが印象的でした。やはり絵の具をたっぷり使うのでしょうか。
A:
だいたい絵の具:水で8:2くらいだと思います。
重ね塗りも何度もするので他の作家さんと比べると消費は早いのかなと思います。
ちなみに、クレヨンでも気分転換にときどき使いますが、実際に描いてみると油分で色が伸びるので、あんまり近い塗り方にはならないんですよ。

Q:
この着彩方法はどのような経緯で見つけ、生まれたのでしょうか?
A:
もともと油絵を描いてたので、重ね塗りするクセ?があって、だんだんと今の塗り方になりました。
深みのある色が好きです。

Q:
作品を1枚完成させるまでにどのくらいの絵の具を費やすのでしょうか。大きさによりまちまちだと思いますが。
A:
その時によって全然違うのではっきりお答えできないんですが、構想を抜いて作品そのものだけだと3日〜1週間ほどです。
パッと思いついたり、描きたくて仕方ない時はその日のうちに描けることもあります。

Q:
きみこさんの作品、以前の個展ではあるひとつのせかいのいろいろな一コマを見せていただきました。
描き込みやストーリーのヒントにするお気に入りの物語やモチーフなどがあれば教えてください。
A:
小さい頃からムーミンが大好きで間違いなく影響受けてます。トーベ・ヤンソンさんの物事考え方が好きです。
それから、よく描いてる猫ちゃんは昔飼っていた子がモデルです。
あとは季節を感じられるモチーフと、食べ物と生き物と、街並みを描くのも好きです。

Q:
朱色に近いオレンジとか、ターコイズブルーに近い青とか、黄色とか、よく使う独特の色も印象的なんですが、あの色は毎回作品に合わせて調合するんですか?
A:
気がついたらいつもおんなじような色になってしまいますね。絵の具は必ず2色以上を混ぜて作ってます。
どうしても青色大好きで入れてしまいがちです。
よかったらイエローアンダートーンを検索などして見て見てください。見ると私のよく使う色ばっかりが並んでると思います。
ちなみに紫は絶対使わないです。実は紫や緑は得意ではありません。あんまり好きじゃなくて、でもどんな色でも使いこなせたらかっこいいですよね。
あと、色に悩んだときはカラーチャートを使います!

Q:
お客さんのどんな反応を見ると「やった!」と思いますか?
印象的だった反応を教えてください。
A:
デザインフェスタで「個性的だけど嫌味がないね」って言われたことがすごく印象に残っています。嬉しかったです◎
あとはキャラクターの性格とか、こういう子だよっていうのを興味を持って聞いてくださって、グッズや絵を買ってもらえたりすると本当に嬉しいです!大事にしてもらうんだよ〜と絵やグッズを見送ります。

Q:
きみこさんが年を経るごとにに「絵を描く女の子」から「画家」に進化していく姿がまぶしく感じます。
きみこさんの中の一番のターニングポイントって、どこだったと思いますか?
A:
最初は自分の絵がグッズになってそれを販売する、っていうことが楽しかったんだと思います。
最近はグッズももちろん楽しいんですけれど、絵そのものをきちんと見てもらえる方が嬉しいですつくし賞の作品撮影をNGにしたのも、現地で作品を見てもらいたいという思いからです。
なので、最近ではイベントよりも展覧会をやりたい!っていう気持ちの方が強いです。

Q:
今後どうなりたい、といった夢・目標・野望などあったら教えてください。
本当にたくましくなったと思ってて、野望という言葉をぜひ使わせて欲しいくらいです(笑)
A:
今後のこと…はとりあえず東京で個展を開きたいな、とは思っています。
あとはちょっとずれてしまうと思うんですけど、アトリエのある家に住むのが夢です◎

きみこ_2

 

たくさんの制作や経験を経て、年々表現も眼差しも進化しているきみこさん。
ずっと知りたかったきみこカラーのこと、描くことに対する思いなどをいろいろ伺えて楽しいインタビューでした。
グッズのファンの方も、SNSで一目惚れした方も、ぜひ、原画をご覧ください。やわらかくあたたかい表現の中にほどこされた、色や見せ方などみなさんを楽しませるための隠し味、きっとあなたも虜になるはずです。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP