つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】Ami(第2部、Komore)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.23

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介しています。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

Ami(第2部、納屋橋Komore会場)
Profile:
切り絵作家のAmiと申します。
昨年のつくし賞からつくしチームとご縁を頂き、
今回初めて「つくし荘作家選抜展」に参加させていただくこととなりました。
切り絵はまだまだマイナーなジャンルですが、
少しでもその魅力をお伝えできたらうれしいです。
Web:https://ameblo.jp/www-end/

 

Ami_1

 

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
病気の療養中に何か気を紛らわせることはないかとはじめたことがきっかけです。
もともと切り絵には興味がありましたが、それまではやるまでに至ってはいませんでした。
身体の調子が段々上向いてきたときに本屋で見つけた切り絵の図案集の表紙がかわいくて、これだ!と即購入。道具もその足で揃えました。
始めから自分の絵でやりたかったので、本の中の図案を何点か作ってやり方を学び、そのあとは自分で図案を起こしてオリジナルでやっています。

Q:
始めてまもなくご自身で図案を起こして制作されていたとは。カットの繊細さもさることながら、図案の構成や美しさもお見事だなあと拝見しています。
神々しいというか、神話から出てきたようだなとも思うのですが、普段どのようなもの・ことから図案を考えるのでしょうか?
A:
ありがとうございます。
幼い頃から幻想的な世界観に惹かれることが多く、神話等を好んで調べていたところが今の作品作りに活かされているのかなと思います。
寺社仏閣も好きで、とにかく目に見えない不思議な存在、というものによくよく惹かれていたので、そういう神聖な存在を描きたいという気持ちで制作しています。
制作に入る前はなるべく自然を感じるようにしています。自然の美しい場所に赴く事もありますが、普通に家の近所を散歩して木や花を見ているとふっと構想が浮かんでくることがよくあります。

モチーフに関してはミュシャが好きなのでやはり影響は受けています。
また着物の模様や仏像の装飾などもとても参考になるので、自分の作品に合うようにアレンジしたりしています。
色々な国の独自の模様や民族衣装、また建築などもよく見るようにしています。

Q:
今回、「つくし荘に参加しよう」と思った決め手を教えて下さい。
A:
昨年のつくし賞が、つくしの企画初参加でした。
また名古屋での展示参加もその時が初めてで、地元の展示企画に参加する機会が今までなかったので、
今回のつくし荘もせっかくの機会だからと参加させていただくことにしました。

Q:
昨年のつくし賞は私たちつくしチームにとっても衝撃的だったのを覚えています。
まったく初めて出会った作家さんが突然大作を披露されて、金賞をさらっていったのは初めてでした。
つくし賞に出展することで作家活動になにか変化などはありましたか?
A:
コンペという形式のものに出展して評価していただけたことは、やはり作家として自信を持つことができました
活動面で何か変化があったというのはないのですが、まだまだ切り絵はマイナーなジャンルなのだなとも実感しました。
「切っているからすごい」ということだけにならない作品にしたいと改めて気持ちを引き締めている次第です。

Q:
1点を完成させるまでに、どのくらいの時間をかけていらっしゃるのでしょうか。
A:
これは正直図案による、としか言えなくて…すみません(汗)
一番時間がかかる図案のタイプは人物のもので、特に髪の毛部分に時間がかかります。
一つの線を切るのに10秒で済むときもあれば10分かかるというときもあって、本当に作品によってまちまちです。
L版サイズくらいの小さな花の切り絵で、平均7、8時間くらいかなと思います。

Q:
個展を毎年開かれていると先日伺いましたが、
今回のグループ展の展示と個展の展示でコンセプトなどの違いはありますか?
A:
個展は一つの空間に自分の作品のみを展示するので、作品ひとつひとつのコンセプトやクオリティは当然ながら
空間演出という意味で展示する作品の種類が単調にならないよう気を付けています。

個展の準備に入るときは、まずその時の個展の中心に据えるメインとなる作品を決めて、全体に重すぎたり軽すぎたりしないよう展示作品のメリハリを考えるようにしています。
料理のように、全てがメインとならないよう、箸休め的な役割としてふっと気を抜けて見れる作品も大事にしています。

グループ展ですとこういう形での展示とはならないのですが、今回の『つくし荘』では柱に囲まれた少し独立したようなスペースを頂けたので、いつも個展でやるような感覚で作品を配置することができました。

つくし賞の受賞個展を終えたばかりだったので、いつものように展示のメインに据える作品を新たに作るというところには至りませんでしたが、
雰囲気としては今回の『つくし荘』での私のスペースは、個展の時と似たものになっているかなぁと思います。

Q:
今後の目標、夢などがあったら教えてください。
A:
とにかく沢山の方に見ていただけるようにしていくことが継続してもっている目標です。
作品作りとしては大きな作品にまた挑戦したいと思っています。
日本の神様を描いていきたいので、長い期間でもって一つずつ形にしていきたいです。

いつか、お寺に祭られる仏像のような、教会に飾られる宗教画のような
神聖なもの、ことを自分なりに伝えられるような作品を作りたいという気持ちがあります。
身に余る目標ですが、本当に神さまを描けたら幸せだなぁとこそりと思っているのです。言っちゃいましたが(笑)

Ami_2

 

Amiさんのインタビュー、たっぷり、ほぼすべてのQ&Aを掲載しました。
作品力はもちろんのことですが、作品を、バランスを、よく見て・よく考えてつくる姿勢は、それこそ細部を切り込みながら全体を俯瞰して見ているみたい。
そうして出来上がった作品は画像で見るだけでも息を呑みますが、目の前で見ると、画像の比ではないほどに感動します。
まさに神々しいという単語を使うにふさわしい作品たち。必見です!

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP