つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】高坂絵梨香(第2部、Komore)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.22

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

高坂絵梨香(第2部、納屋橋Komore会場)
Profile:
話すこと、言葉で言い表すことが苦手なのだけれども、
内に溜まった想いを外に出したい気持ちはあり、
それを絵に描くという表現が一番ぴったり
合うのでした。

 

高坂絵梨香_1

 

Q:
制作活動をはじめたきっかけは?
A:
自分の中にあるものを出したいと思ったのが一番のきっかけのように思います。

Q:
表現することの中で油彩を選んだきっかけを教えてください。
A:
今まで使ってきた画材の中で一番難しかったので。絵の具、油の量や、ちょっとの筆の動きでも全く変わってくるとことか、すぐに飽きず。

Q:
高坂さんの作品からは、突き刺さるような視線や力強さを感じます。どのような感情・思いを持って制作されるのでしょうか。意識していることはありますか?
A:
一番底に言葉で表せないような感情があって、その上に無がある感覚です。描いてる時は何も考えてないと思います。絵と自分との間に何も入れたくないという感覚です。自分自身にも何も入ってない状態で描きたいなって思ってます。飾らずカッコつけず、素直な自分の状態というか。

Q:
描かれている表情や顔立ちは外国の方のような雰囲気を感じるのですが、描くときに参考にしているものはありますか?
日頃描くモチーフにしている本や映画などはあるのでしょうか。
A:
油絵は印象に残った映画のワンシーンなどを参考に、自分が出したい表現に仕上げていくことが多いです。『良い表情してる』とか『自分が出したい表現に近そう』とかで選んでます。
決まってこの映画・この本というものはないですが、洋画が多いです。
油絵以外はなにも見ずに描くことがほとんどです。

Q:
全体的に表情がない、もしくは悲しげな印象が作品にあります。表情なのか、色味がモノクロだったりすこし寒色が混ざった感じだからでしょうか。
線を描くときや着彩するときなど、こだわるポイントがあれば教えてください。
A:
表現したい感情が陰な要素が多い、ということも背景にあるからだと思います。
描いている線や色が自分の心とかちっとはまることを大切にしています。

Q:
今後の目標や、作家としてチャレンジしてみたいことがありましたら教えてください。
A:
自分の気持ちに嘘つかず描くこと・働かずに描き続けること。

高坂絵梨香_2

 

綺麗かどうかより、描いている線や色が自分の心とかちっとはまるかを大切にしているという高坂さん。描くこととは、自分と対話する機会なのかもしれません。
その作品の視線や影は私たちの印象に強く残り、また観たくなります。決して飾らない心地よさ、みなさんにも伝わるといいなと思います。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP