つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】真っ赤に染まるannie*(第2部、Komore)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.22

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

真っ赤に染まるannie*(第2部、納屋橋Komore会場)
Profile:
絵描きをしております、
真っ赤に染まるannie*です。
キャンバスの中は魔法が使えるようで、
願えば何にでも変身することができるし、
夢を見ればそれすらも叶う不思議な四角い窓みたいです。
頭の中でないしょで想っていたことを
形にして描いてみたらすごく楽しい。
そこから人を笑顔にしたり出来たら幸せだなと思うのです。
クセの強い絵ですが、その中にも愛らしいものがありますように。
よろしくお願いします!
Web:
http://twitter.com/88880403
http://www.instagram.com/chokichokipettanannie/
https://annieannieannie.stores.jp

 

真っ赤に染まるannie*_1

 

Q:
創作活動をはじめたきっかけは?
A:
小さな頃から絵を描くことが好きで、今までずっと絵といっしょにいます。

Q:
annieさんが外に作品を発表するようになったきっかけはどのようなことだったのですか?
A:
外に作品を発表するきっかけは、絵を展示してみないか?とお誘いいただいたことと、ライブハウスでのイベントで絵を描いてほしいと頼まれた事がきっかけです。今までスケッチブックの中だけだった自分の想っていることが、自分以外の人へ広がって伝わることを感じて、驚いたことを覚えています。

Q:
annie*さんの作品はかわいい、女の子らしいモチーフを中心に、細かく、丁寧に描き込まれていますが、いつもどんなものから着想を得て作品を描いているんですか?
以前個展でお会いしたとき資料なども置かず紙とペンのみでどんどん描き進めていらっしゃったので、好きなモチーフたちが頭の中にインプットされているのかな…?と思っているのですが。
A:
絵のモチーフは自分の好きなもの、嫌いなもの、気になるもの、頭の中にあるものを素直に描きます。描くときはとにかく想像力をもくもく膨らませます。
模写にならないように、図鑑などもしっかり見ますが、自分の描き方や見方を見つけて、出来るだけ自由に、自分の線や色、ユーモアを大切に描きたいなと思って描いています。

Q:
作品を作り始める段階で、頭の中ないし下書きなどにの辺りまで完成イメージがあるのでしょうか。
ひとつの作品、人物(動物など)にかなりたくさんのモチーフが散りばめられていますが、バランスに対し気をつけていることやこだわりなどはありますか?
A:
絵は描きながらイメージを膨らませます。なので、あまり下書きなどはしっかりしません。バランスなどもその時の直感です笑 本能のまま描いている感じです。こだわりは自分の感覚と線を大事にする事と、子供さんにも何を描いているかわかるようにという事は意識しています。

Q:
お名前のとおり、作品に使われる紅色に近い鮮やかな赤色が印象的です。赤色は絵の具からストレートに使っているのでしょうか?いつも調合しているのでしょうか。
A:
作品によってほんの少し青を混ぜて悲しい赤色にしてみたり、黄色を混ぜて愉快な赤色にしたりしています。毒を出すために黒を入れたりもします。

Q:
annie*さんの展示に遊びに行くと、たくさんの作品、現地でお話しするひととき、さらに終了後にいただいたお手紙まで、楽しんでもらおうという思いやりがあちこちに溢れていてとても楽しいです。ご自身が作家活動をするうえで大切にしていることがありましたら教えてください。
A:
お客さんの記憶に残りたいなと思います。私の絵はとてもクセが強いのですが、受け入れて下さる方の為にも、絵を楽しみにして下さる方の為にも、ちゃんと作品制作したいなと思います。楽しいことばかりじゃない人生だって、愛情も毒も真っ赤に染まって、今を必死で生きてる事に変わりはないんだから、無駄なことなんてひとつもないと思うんです。

真っ赤に染まるannie*_2

 

おしゃれをしたり、かわいいモチーフを散りばめたり。真っ赤に染まるannie*さんのイラストレーションはビビッドな赤色の中にさまざまな感情を包んで、ときに愛らしく、ときに毒々しく描かれている様子がまさに女の子の心の中のよう。作品力もさることながら、annie*さんの展示の隅々まで作品を届ける相手への思いやりや愛情もつよくつよく伝わってきて、気がついたら虜になってしまいます。
様々な「赤」の世界をお楽しみください。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP