つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】imoko(第2部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.21

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介しています。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

imoko(第2部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
大阪府在住。屋号「imoko」作家名「網元マヤ」と申します。
動物画と乙女画を中心に、独特の世界観を描く。
画材は透明水彩とアクリルを使用。
関西・関東の即売会や展示会を中心に活動中。

 

imoko_1

 

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
小さい頃からモノ作りが好きだったので、気づいたら今まで続いていました。

Q:
絵の構成や着彩がや美しく可愛らしいのですが、たとえばメンダコとか、ウツボとか、「正統派可愛い」ものではないモチーフが美しく・可愛らしく描かれいるそのちょっとしたギャップもまたいいですね。普段、どのようなもの・ことに描きたい気持ちを刺激されるのでしょうか?
A:
昔から動物が大好きで。私から見たらウツボの曲線美も、メンダコのつぶらな瞳も、とても可愛らしく・魅力的に見えるので、そんな沢山の動物達の姿を見ると「作品に取り込んで描きたい!」となります。

Q:
とにかく描写も着彩も細かくて、ついつい見入ってしまう作品たち、お見事の一言に尽きます。
一枚の作品を完成させるのに、だいたいどのくらいの時間をかけていらっしゃいますか?
A:
作品の大きさと情報量、その時の気分にも左右されやすいので結構時間はまちまちなのですが、ハガキ程の大きさにでしたら4~6時間位で出来上がります。

Q:
動物からさまざまな時代の人までモチーフが幅広いのですが、普段どのようなものを参考に描いているのでしょうか。
A:
趣味で集めている図鑑やデッサン集を参考にしています。「こんな姿を描くには、骨格はどうしたらいいのだろう?」と思いながら、見て・自分の中でかみくだいて、描いています。
ちなみに、最近生き物モチーフのイベントに多く参加してきたこともあって生き物の絵が多めですが、少し前までは女の子をモチーフにしたイラストを多く描いていました。

Q:
モチーフの配置も計算されたように美しく並んでいてまるでCGみたいですね…!線画の制作・着彩などで大切にしていること、気をつけていることはどのようなことでしょうか。
A:
原画を直接見て頂いても、よくCGに間違われます。主線と着彩は、基本その時の気分と勢いで進めて行くので、本当に自由に描いています。そのため、画面上がぐちゃぐちゃにならないように、ほんの少しの設計図は立てる様にしています。(ここに金魚とクラゲを描くとか・・・)

Q:
特に上の作品に関しては、はっきりとマットに塗られた背景・モチーフのやわらかいグラデーションがぱきっと分かれているところとか、どちらも塗りが完璧なところとか、余計にCGに見えます。
A:
イベントに出ても、「これ、何のソフト使ってるんですか?」と聞かれます。近くでよく見ると、背景にも塗り工程でできた筆跡も見えますよ。
やわらかいグラデーションは、色をを置く際に先に紙に水をおいて、ふんわりと広げています。

Q:
今後チャレンジしてみたいお仕事や制作など、夢・目標などありましたら教えてください。
A:
仕事としては本の表紙やパッケージ等の挿画、キャラクターデザインをやってみたいですね。

imoko_2

 

少女や生き物を艶っぽく、丁寧に描きあげるimokoさん。どの作品もとても彩り豊かで華やかです。
そのベースは、本当にそれらが好きで、もっと知りたくて、愛おしむ気持ち。「水族館に行けば何時間も水槽の前で眺めていられます!」ときらきら話す横顔も印象的でした。
この艶っぽさ・華やかさ、みなさんも一目見たら心掴まれること間違いなし。どうやって描いているの?どうやって塗っているの?ぜひ原画をすぐ近くでご覧ください。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP