つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】モク(第2部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.21

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介しています。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

モク(第2部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
主に透明水彩で水の中や、動物を描いています。
Web:http://www.moku.blue

 

モク_1

 

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
もともと1年くらい前に、自分の取り柄や魅力をみつけたくて色々なことを初めてみたんですが、続いたのが絵でした。

Q:
あなたが「つくし荘に参加しよう」と思った決め手を教えて下さい。
A:
実は去年の今頃、絵を描いて生きていくってどういうことだろう、何か参加できるところはないか、と思ってギャラリーや展示会を巡っていたところ、つくしさんの展示会で朝霞さんの作品を初めて拝見し、一目惚れしてしまったのです。そこからこの選抜展に私も出られるように頑張ろうと創作の励みにしていました。

Q:
「絵を描いて生きていく」、活動することでいろいろな出会いがあったかと思います。活動を開始する前後で、モクさんご自身に変化はありましたか?
A:
私は何の為に生きてるんだろう、と思うことがなくなりました。
絵について、絵を描いて生きていくことについて話せる方々が増えました。
絵を描く時間を取りたいので、どうでもいい集まりは行かなくなりました・・・

Q:
見れば見るほど、ベースはお勉強されていたとはいえ、本当に1年間しか活動していない人なの?と信じられない気持ちになります…。絶妙な賑やかさで画面に動物たち、魚たちが配分されている構成とか、こんなに透明度を残して色を置いていけるの?とか…
制作の際、参考にしている作家さんや本などはあるのでしょうか?日頃より納得できる制作のために心がけていることや勉強しているものなどがあったら教えてください。
A:
嬉しいお言葉ありがとうございます。
なるべく美術館やギャラリーに原画を見に行くようにしています。最近は浮世絵が好きです。鯨を題材にしてるものも多く、先日美術館で拝見した歌川国芳 宮本武蔵の鯨退治がとても良かったです。
参考にしているのは生物図鑑です。最近は写真が多く、美しいので助かります。
あと、水彩を始めたばかりの時に失敗しない水彩の画材選び(日貿出版社)という本を買いました!ちょっとずつ読み進めています。

Q:
もはやモクさんといえば青!だと思っています。
青色を綺麗に見せるためのマイルールや心がけていることはありますか?
A:
モクといえば○○!というものがあるのは嬉しいです。感覚で描いている状態で、まだまだルールを見つけられずにいます。
強いていうならば、青以外も使うことでしょうか。透明水彩を重ね、透明感を生かして奥行きが出るようにしています。

Q:
個展、グループ展など、かなり発表する機会も作品も多く、精力的に活動されている印象です(つくしのTシャツ展もありがとうございました)。
日頃、どのくらいのペースで描き進めているのですか?また、どのようなもの・ことを参考にしたり学んだりして、作品に生かしているのでしょうか。
A:
1日中描いてることもあれば、全然描かない日もあります。
2日くらいで仕上げることもあれば、1枚に3ヶ月くらいかけることもあります。

書いている時間よりも構想を考えてる時間の方が長く、構想が固まってから描き始めた時は早いですが、描きながら考えてるとだらだらと長くなったりします….。
作品に活かせてるかわかりませんが水族館によく行きます。あと、美術館やギャラリーを回ることも増えました。
以前、デッサンを勉強していた時の経験も生きてるかと思います。

Q:
今後の目標や、チャレンジしてみたい仕事・活動などがありましたら教えてください。
A:
今年の目標は、まず自分の絵のレベルアップと、今後、長期的に取り組める絵のお仕事をしたいと思っています。

モク_2

 

迷いの中でみつけた「絵を描くこと」。そこからスタートしたモクさんの作家活動はまだ1年ほどなのだそう。思わず本当に?とご本人にも周囲の方にも聞き返してしまうのは、すでにモクさんらしい青の世界、水彩の世界が確立されているから。つくし荘でもその世界に溺れる人、すでに続出しています。淡く優しい海の中、たゆたうような心地よさをお楽しみください。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP