つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】鈴木梨紗(第2部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.21

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介しています。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

鈴木梨紗(第2部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
名古屋、栄にてイベントや企画展、グループ展などに参加、活動中です。
物販イベントではプラ板雑貨も制作しています。
よろしくお願いします。

 

鈴木梨紗_1

 

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
幼い頃から、絵を描くのが好きだったので、創作はしてました。発表したりするようになったのはやはり、専門学校のときに色々学び、出会い、たくさん観たり描いたりしたのが大きいです。

Q:
あなたが「つくし荘に参加しよう」と思った決め手を教えて下さい。
A:
色々ありますが、雰囲気です。ふわりとなんだか不思議と懐かしくて、優しい気持ちになるあの空間と時間がとても好きなので。

Q:
確か、鈴木さんとつくし荘との出会いは専門学校の先生や先輩方の多く参加する「グループ展つくし荘」だったのではないかと思いますが、学校を卒業した後も作家活動を続けている原動力は何でしょうか?
A:
はい、おそらく初参加は第5期つくし荘だったと思います。その前だと駄洒落図鑑作画展※…?(※つくしチームの前身時代のグループ展です)
イベントや展示会でしか会えない人と会う楽しさ。自分の作品について、感想を頂けるところ。描いたことがなかったテーマや知らないことを知るチャンスに出会えるところも魅力です。

Q:
鈴木さんの作品世界の魅力は、パーティーやピクニックなどの楽しげなひとコマやおしゃれなモチーフだと思ってます。いつもこんなことができたらやってみたい!と思ってしまいます。
作品に登場するモチーフは、いつもどんなもの・ことからイメージを膨らませているのですか?
A:
季節、行事から。あとは幼い頃の記憶から。
絵本や小説、図鑑や写真集を見たり、読んだりするのも好きなので、その影響もあると思います。

Q:
わくわくするような作品を描くうえで、大切にしていることや自分なかのルールなどがあったら教えてください。
A:
テーマにもよりますが、できるだけ、登場する人物や動物たちが会話しているように見えること。ひとりでも手を振っていたり、鳥や蝶が傍にいたりするようにしています。

Q:
好きな作家さん、絵本などを教えてください。
A:
「わたしのワンピース」「くまの学校」シリーズ、「ムーミン」シリーズが好きです。あと、酒井駒子さんが大好きです。

Q:
今後チャレンジしてみたい活動、お仕事などを教えてください。
A:
個展をしてみたいです。あと、刺繍とかシルクスクリーン。道具だけ揃えてるので、近々始めたいです。

鈴木梨紗_2

 

女の子の大好きな「かわいい」「おしゃれ」「たのしそう」をカジュアルに、かつ上品に描く名人、鈴木梨紗さん。登場人物たちは確かに会話をしたり遊んだり、画面の中でとても楽しげです。作品たちを前にして感じる、物語を読むようなワクワク感、みなさんもきっと感じるはず!

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP