つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】坂本彩(第2部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.20

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介しています。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

坂本彩(第2部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
女の子の「ゆめみる」「かわいくみせる」「さみしい」などの感情をモチーフにすることが多く、発展して、女の子と動物の「恋をした先のストーリー」をテーマに描くこともあります。
グッズ制作も好きで、日常的に「身につけたい」イラストを意識して描いています。レトロな色合いを好んで描くのはそのせいかもしれません。
ストーリー性はあるけど、ぱっとみてかわいい!と思える構図を目指して描いています。
女の子たちがどのような日常の中で誰とどのような感情をいただいているのか、想像を膨らませていただければ嬉しいです。

 

坂本彩_1

 

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
小学生のとき、漫画家になりたくて絵を描き始めました。ちゃんと創作活動をし始めたのは大学生になってからで、周りが創作活動をしていたのが大きいと思います。

Q:
坂本さんの作品は表情や動きに遊び心があって、眺めていてとても楽しいです。ご自身ではどのような作品を描かれているときが一番楽しいですか?
A:
描いている女の子(や動物)と、私の気持ちがリンクしていることが多いので、もしそれが見ている方にもリンクしていけば嬉しいですし、それを考えているのが楽しいです。気持ちのリンクする絵をTシャツにして着たり、スマホケースにして持ち運べると、毎日楽しい。そういうときにイラストっていいなぁと思うし、私自身も持っていたい絵が描きたいなぁと思います。

Q:
普段はどのようにイラストを制作されているのですか?インスタグラムを拝見しているとてっきりCGかと思ってしまうのですが、いつもこのような描き方をされているのでしょうか。
A:
普段はデジタルで描くことが多いです!上の画像のイラストは、ゴム版で制作したものになります。元のデータはinstagramにアップしているようなデジタルのものですが、この作品は版画にしようと思って描いたものです。

Q:
制作されるときに参考にされる資料やモチーフなどを教えてください。
A:
参考にしたりはあまり意識していないのですが…インテリアショップにいったり、古い雑誌を見たり、美術館に行ったり、小説を読んだり、動物園に行ったり…日常で気になったものを、絵を描くときにイメージから引っ張ってくることが多いです。

Q:
商業的なイラストレーターとしてのお仕事と、原画の展示、デザフェス個人店舗への雑貨の委託などのグッズ制作と、本当に精力的に幅広く活動をされていらっしゃいますね。
今後どのような方向にお仕事を発展させてきたい、など目標がありましたらお聞かせください。
A:
前は水彩で塗りこんだ感じの絵を描いていて、最近はイベントにだすようになったのもあって、グッズにしやすいデザインっぽいものを描いていました。それもすっごく楽しいしやりたいことだったのですが、大学時代の恩師に、前みたいに個人的な想いを作品に混ぜ込んだ絵もいいんじゃないの、と言われて。昔から描きたい世界は変わっていなくて、TPOに合わせてイラストを無意識に変えていたので、今の画風を生かしながらその言葉を意識して絵を描くのがテーマになっています。

お仕事は、いろいろやってみたいです!好きに絵を描いているときと全然勝手が違うので、いつも発見があってすごく楽しいです。動物やファッションを生かしたイラストやグッズ制作のお仕事があれば嬉しいです。

坂本彩_2

 

表情がおだやかなのに、今時おしゃれだったり、実はとってもセクシーだったりちょっぴりエッチだったり。坂本さんの作品は感情や表情、動きに遊び心がちりばめられています。女の子たちはまるでファッション誌から飛び出してきたよう。
シンプルな線・カラーながら、余白や見えない部分に隠しきれない色気が見え隠れしています。あなたもきっとメロメロになるはず。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP