つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】飯田愛(第2部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.20

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介しています。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

飯田愛(第2部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
北海道芸術高等学校卒業。
動物や植物と女の子の組み合わせを、青色を中心に表現しています。
Web:http://pucapuca23.tumblr.com/

 

飯田愛_1

 

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
小さい頃から絵を描くのが好きでしたが、中学の頃に絵を仕事にしたいと意識するようになり本格的に創作を始めました。

Q:
あなたが「つくし荘に参加しよう」と思った決め手を教えて下さい。
A:
以前よりつくしチームさまのご活動を拝見しており、いつか荘にも参加させていただけたらと思っていたので。お声かけ頂いた時は本当に嬉しかったです。

Q:
こちらの想像を広げてくれる描きすぎない線画、塗りすぎない明るくて深い青色が絶妙で印象的です。
バランスや色など制作されるとき気をつけていることなどありましたら教えてください。
A:
ありがとうございます!線画に関してはとにかく自分の「気持ちいい」と感じる線を目指しているのと、いかに少ない線で的確にものを表すか、という、ミニマルな表現を目標としています。
色については、時と場合によって温かくも冷たくも見えるターコイズブルーがいつもキーカラーになってくれるように、という点を心がけながら着彩しています。全体的に色数を少なくしてはっきりと、どこかきりっとした雰囲気が出せるようにとおもっています。

Q:
線が軽やかでまるでさらさらと描き出したようですが、線を確定させるまでどのくらい描き込むのでしょうか。
A:
作品を描き上げる際、描き込むところと、ごく最小限の線で収めるところの二種類の描き方を織り交ぜるようにしているのですが、感覚的に、ほぼ一発勝負で線を引いていく描きこまないところ(主に人物)に比べ、描きこむところというのは最後までバランスを見ながら、描きこまない方の2,3倍位の時間をかけて慎重に仕上げることが多いです。
物にもよりますが全体を通して2時間~が主な製作時間です。

Q:
一点に使用する色数やバランスなど、制作するうえでルールはありますか?また、制作の際はどんなものごとを参考にされていますか。
A:
一番気を付けていることは空白の作り方です。まだまだ本当に未熟なのですが、画面全体が埋まっていなくても質量があり、かつ気持ちのいい「抜け」のようなものが存在している画面作りを理想としています。
色数は、たいていの場合多くても5色、うち3色は類似色で、という決まりが無意識のうちに出来ています。
制作の再参考にしていることは、日常の風景や最近ときめいたアイテムやモチーフ、そして過去に見たり感じたりした情景です。特に、過去のおぼろげな記憶から微かに得られる感情や雰囲気を大切に切り取って、作品に落とし込めたいという気持ちが強いです。

Q:
今後の目標やチャレンジしたいことを教えてください。
A:
今後の活動としては、ただ単にイラストを描く、というだけでなく、色々な方法、色々な媒体を用いて、自分なりの一つの世界を作り、発信・提案していくのが理想です。

飯田愛_2

 

線とカラー、そして余白。「ミニマルな表現」で構成された飯田さんの作品は、小説のの挿絵のように静かながら、観る方の想像力をかきたてます。描くところ・描かないところとのバランスは絶妙な心地よさです。ぜひ間近でじっくりご覧ください。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP