つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】ミズノマサミ(第2部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.20

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介しています。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

ミズノマサミ(第2部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
イラストレーター、絵本作家
愛知県を中心に活動しています
シンプルで子供から大人まで楽しめるイラストを描いています
Web:http://mizuno56611.wixsite.com/mizuno

 

ミズノマサミ

 

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
図書館で絵本を見て、絵を描きたくなったからです。
もともと絵が好きだったのですが、図書館の芸術のコーナーに絵本があったので、たまたま手に取りました。

Q:
どなたの絵本がきっかけだったのですか?
A:
「クリス・ヴァン・オールズバーグ」や「ガブリエル・バンサン」の絵本です。あと、作者は忘れてしまいましたが、「フェイク」という作品が印象にのこっています。

Q:
あなたが「つくし荘に参加しよう」と思った決め手を教えて下さい。
A:
つくし賞コンペ展に参加したことがもともとのきっかけですが、そのときのテーマが「夏」で、花火の絵を披露したかったからです。

Q:
3年連続でコンペ展つくし賞にご参加いただいていますが、毎年、我々一同、「そうきたか~」と思わず唸らされています。作品のテーマに向き合うときはどのようなことを大切にしていますか。
A:
ありがとうございます。テーマと向き合う時は、「分かりやすくするにはどうすれば良いかなあ」と思っています。テーマからはみ出さない程度に、遊びの部分やお楽しみの部分をつくる事を心がけています。

Q:
ほとんどの作品が絵の具で線取りから着色までさらさらと描かれている印象です。「下絵」はどのように描いていますか?
A:
別の紙に習作を数点描いてから、本番の紙にフリクションの色鉛筆で下書きを描いています。

Q:
今後の目標、チャレンジしてみたい活動などありましたら教えてください。
A:
手さげバックやTシャツなどの物販を増やしたいと思います。

 

肩の力の抜けた心地よい線で描かれた、遊び心あふれるモノ・コト。ミズノさんは生き物や言葉などのたのしい特長を見事に捉えてキャラクターとして遊ばせる名人です。お子さんはもちろんですが、大人も思わず唸る、膝を叩く。くすりと笑えてあたたかいキャラクターたちにぜひ会いに来てください。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP