つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】sachi(第2部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.19

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介しています。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

sachi(第2部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
アクリルガッシュを用いて、絵本、イラスト、雑貨などを作っています。日常がふと楽しくなるような華やかさ、少しだけ優しくなれるようなあたたかさを目指して制作中です。
Web:http://sachi.fem.jp

sachi_1

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
小さな頃から折り紙を折ったり絵本を作ったりするのが好きでした。そのまま大人になってしまいました。

Q:
あなたが「つくし荘に参加しよう」と思った決め手を教えて下さい。
A:
以前からつくしさんの展示や企画を拝見していて、いつか参加したいと思っておりましたので、今回飛び込ませていただきました。

Q:
花や動物の中までブローチのような模様が施されて、綺麗・可愛らしいだけでなく、観ていて楽しい気持ちになります。なるほど、こんな模様もいいなあと思いながら観ています。制作にあたってはどのようなモチーフや資料を参考に制作されているのでしょうか?
A:
主に花です。モチーフの装飾はそれぞれのつくりを分解して模様に置き換えて組み合わせるイメージで作っています。
なので一番に参考にするのはそのもののつくりになりますが、特に似せなくていいときはあまり気にしないです。

Q:
sachiさんの作品はまるで計算されているみたいに綺麗にモチーフが収まっていて、お見事だなあと思います。どのようにデザインを構想していらっしゃるのですか?それも感覚的なのでしょうか。
A:
感覚的な部分が多いかもしれません。あとであれ?おかしいぞ?と気づいて慌てて帳尻合わせをしたりします(笑)。

Q:
好きな色や、ついつい使ってしまう色、または組み合わせがあったら教えてください。
A:
濃いブルー系とパステルイエローです。今回展示する作品は特にブルー系が多いと思います。

Q:
モチーフがとても細かくて綺麗に丁寧に描かれていますが、描いている途中は何を考えていますか?ここだけの話、途中で嫌になったりしませんか。
A:
あまり考えていないかもしれません。下書きを塗りつぶしてしまってもう一度描いたりするのですが、それが細かく範囲が大きいとちょっと嫌です笑

Q:
今後チャレンジしてみたいお仕事、作家活動における目標などはありますか?
A:
絵本や挿絵など物語のあるお仕事にチャレンジしてみたいです。そういったお仕事にチャレンジしながら、描き続けることが今の目標です。

sachi_2

刺繍のようなみごとな柄、その柄で構成されたモチーフたち。sachiさんの作品はアジサイの花のように、ひとつひとつ見事に咲いた額があつまったような、しずかな華やかさが魅力です。
どんなモチーフがどのような形で描かれているのだろう、いつまでも眺めていたくなる作品、ぜひ間近でお楽しみください。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP