つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】MASMi(第1部、Komore)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.14

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

MASMi(第1部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
愛知県豊明市在住のイラストレーターです。
マスコットキャラクターをデザインしたりイラストを制作しながら、それらを使ったグラフィックデザインをしています。
「日常の小さな幸せ」をテーマとして、女の子たちを中心としたカジュアルな作品をつくっています。
スモーキーな配色とフラットなタッチが持ち味で、見てくださる皆さんに微笑んでいただけるようなイラストを目指しています。
イラストは主にペンタブで描いています。
Web:http://artspec.jp

 

MASMi_1

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
グラフィックデザイナーのアシスタントとして、イラスト制作やDTPをはじめ、マスコットキャラクターのデザインや、それらを展開する仕事に携わってきました。
その中で、自分のオリジナルのキャラクターたちが活躍する世界を描いてみたいと思い、現在の作品をつくるようになりました。

Q:
あなたが「つくし荘に参加しよう」と思った決め手を教えて下さい。
A:
昨年のつくし賞で入賞させていただいたことが、今回のつくし荘へ参加した理由ですが、以前よりチャンスがあれば出展してみたいと考えていたので、よい機会をいただきました。

Q:
過去に偶然Webのポートフォリオを拝見してお声がけしたこともあり、選抜展でご一緒できるというのは感慨深いものがあります。つくし賞に参加いただいて以来他のイベントにもかなり積極的に参加されていらっしゃいますが、あれ以来環境の変化などはありましたか?
A:
作家さんやスタッフさんなど、ステキなお友だちがたくさん増えたことですね。
東海地区を拠点に活動されている方が多いので、直接会える機会も多く、情報交換したり刺激を受けることもたくさんあります。何よりもそういった交流を楽しませていただいてます。

Q:
MASMiさんのキャラクターはシンプルなラインながら、誰にも真似のできないタッチ、世界が完成されていてお見事だなあと感じています。
オリジナルキャラクターたちやその世界は日頃どのようなもの・ことから生まれ広がるのでしょうか?意識して(無意識にでも)見聞きしているものがありましたら教えてください。
A:
私のイメージの中には架空の街が存在していて、そこに暮らす人たちの「日常の小さな幸せ」をテーマとしてイラストを描いています。ですから仕事もするし遊びもします。中には恋をしている人も (//∇//)見てくださる皆さんに少しでも幸せを感じていただけたら嬉しいです。
それぞれのキャラクターのライフスタイルは、私自身の経験や関心ごとが題材となっています。カフェやスイーツ、レトロな雑貨やファッション、庭の草花や生き物などがモチーフとしてよく出てきます。

Q:
制作活動、これがあるからやめられない!というものがありましたら教えてください。
A:
イラストを見てくださる皆さんの笑顔です。
そっと微笑まれる方、満面の笑顔をされる方、声をかけてくださる方。そんな反応をいただけることが、とても嬉しいです。
もっともっと喜んでいただけるイラストを描きたいと、創作意欲がかき立てられます。

Q:
MASMiさんの込める「小さな幸せ」はこんなことをしたい、こんなところに行きたい、といったささやかな憧れ・夢になって伝わってきます。
最後に、MASMiさんご自身の今後の目標、「こんな活動がしたい!」といった夢などありましたら教えてください。
A:
日常の様々なシーンを通して、もっと登場人物の個性を表現していきたいです。イラスト作品では女の子が中心となっていますが、街に住むいろんな人たちを増やしていくつもりです。
これまでもイラストやキャラクターをグラフィックデザインで使ったり、グッズなどに展開していますが、漫画や絵本、立体作品やアニメーションなどにも広げていけたらいいなと思っています。

MASMi_2

MASMiさんが描くのは街の一コマ。どこかなつかしいけど決して古くない街のどこかで・人との関わりのなかで、女の子の心はずむ瞬間をうまく切り取る名手です。そんな街の中に登場する女の子たちも、それぞれキャラクターがあるのだそう。
さて、つくし荘には何人のキャラクターがやってきたのか、そしてどの子が一番好きか。この子達の物語を紡ぎながら作品を眺めるのも楽しいですよ!

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP