つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】あだちしおり(第1部、Komore)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.13

9月13日(火)よりはじまりました「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

あだちしおり(第1部、納屋橋Komore会場)
Profile:
京都在住。働く傍ら作品を制作し展示やイベントに参加しています。
人と人との関係性をテーマに主にアクリルで制作をしています。
マイナスな感情ばかりではなく、普段は気付かない自分の持っている幸せを感じ取れるようなイメージ作りを心がけています。
作品が心のどこかにひっかかることができましたら幸いです。
Web:http://40memore.tumblr.com

 

あだちしおり_1

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
幼いことから絵を描くのが好きだったこと。社会人となっても絵を描く仕事の夢を諦めたくなく、せめて趣味としては続けたいと考え活動を始めました。

Q:
あだちさんの作品に登場する女の子たちはかわいいだけでなく、とりまく非現実的なイメージがときどき心の中にあるもやもやに似ているなあとも感じました。作品の構成やイメージはどんなときに生まれるのでしょうか?
A:
日常のいろいろな場所でふと浮かんできます。
忘れないようにメモにとりながら、物語を想像して描いています。可愛いだけにはしたくないので、そういう風に感じていただけるのは素直に嬉しいです。

Q:
SNSで製作中の絵を拝見しましたが、すごく重厚に塗られている印象を受けました。完成とご自身で納得されるまで、どのくらい色を重ねていらっしゃるのでしょうか。
A:
以前は下の色が見えないくらいにしっかりと重ねていたのですが、ぬりえのようなペッタリとした印象になってしまうので、最近は下の色が少し見えるように、未完成に見えないバランスを考えながら進めています。

Q:
どの作品もあまり明るくない、温かみのある優しい色をしていて、たとえ人物の表情が曇っていても、おだやかな優しい気持ちになります。表情や色など、制作においてこだわりはありますか?
A:
目線の先に何があるのか…を大事にしていますが、絵にあまり感情を押し付けたくないので、ほとんどを素の表情にしています。色使いが苦手でついつい原色で塗る癖があるので、色面積が広い部分は必ず2色まぜて使用しようと心がけています。

Q:
製作時によくご覧になるもの・資料、好きな作家さんなどありましたら教えてください。
A:
資料は図鑑(描きたいもののイメージに近いものを探す)と国語辞書(ことばから想像する)。好きな作家は自分の作風とは全く違いますが、横尾忠則・石田徹也・五味太郎です。

Q:
あだちさんにとって「作家活動」を続けられる原動力はどのようなことでしょうか?
A:
一番は幼い頃から時間があればずっと描いていたので生活の一部になっていること。あわせてWebや展示などの活動をはじめてからは、感想をいただけたりと描いてるうちは誰かが見てくれるんだと感じたことも大きいです。描いてるからには人に喜んで頂けることがいちばん嬉しいです。

Q:
今後の目標や、挑戦したいことなどがあったら教えてください。
A:
人物がいない絵や、もっと抽象的な雰囲気の作品に興味があります。今よりいいものが作れるように、のんびり制作を続けていきたいです。

あだちしおり_2

ちょっと重みのある温かな色をしたあだちさんの作品は、人物の表情が曇っていても、おだやかな・なつかしい気持ちを呼び起こします。作品に描かれている世代の少女たちって、毎日常に楽しいわけでも元気なわけでもない。そういう意味では学生時代のリアルな心象風景を連想するように感じます。作品の前に立って、みなさんの当時を思い出しながらゆったりとご覧ください。

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP