つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】たなかあやね(第1部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.13

9月13日(火)よりはじまる「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

たなかあやね(第1部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
自分の中にある
かいじゅうへの興味や好意を現わすための
制作をしています
Web:https://ayanetanaka4423.wixsite.com/tanakaiju

 

たなかあやね_1

Q:
制作活動を始めたきっかけを教えてください。
A:
小さいときから、何かしら作っていたのできっかけというのは思いつきません。強いていうなら、描いた絵を母に褒められたことでしょうか。

Q:
かいじゅうたちはどういったとき、どういったモチーフから生まれることが多いのでしょうか?
A:
形や色は作りながら決まって行きます。
モチーフというか、最終的に作品の表面に出てくることは少ないのですが「嫌い」とか「楽しい」とか「愛おしい」とか、感覚、感情のようなものがテーマで作ることが多いように思います。

Q:
特に立体や着ぐるみとしてかいじゅうを形にするとき、構想から完成までどのくらいかかるのでしょうか?
A:
かかる時間を答えるのは、難しいです。考えている時間も制作時間に入れるなら結構長くかかります。大きなものをつくるときには勇気がいり、構想に時間がかかったりします。手を動かし始めると、一週間から一カ月ほどでしょうか。
制作時間は素材によります。乾くのに時間のかかるときは長くかかりますし、硬化時間があまり必要ないものはすぐにできたりします。

Q:
デザインを起こしてから制作されるのでしょうか、それともインスピレーションで制作をすすめられるのでしょうか?
A:
デザイン画は一応描きますが、自分のための制作の時はたいてい描いたものと全然違うものになることが多いです。思いつきのきっかけなので忠実に初期のデザインを再現することは、あまりこだわりがありません。

Q:
たなかさんは観る方のどのような反応をもらえたとき、「やった!」と思いますか?
A:
どんな言葉でも反応でもうれしいです。もちろん狙ったことを的確に言い当てられるような感想は、伝わったんだなと満足することがあります。
ですが、怪獣を現すということ以外は結構怪獣任せなところがあるので、それを目の当たりにした時の素直な言葉や反応が一番うれしいです。
あとは、この子はこういうことなんだね、とか、こういうこと考えていそう、とか見た人なりに怪獣のストーリーを作ってくれると、すごくうれしかったりします。

怪獣を作り始めてから何より面白いのは、
小さい子供が、怪獣を見て遠くで固まってしまったり、泣いて近くによることを拒否る子がいたり、犬が警戒して吠えたり、かと思えば、怪獣の背中のちょぼをおっぱいと思って吸いに行く子がいたり、自分には全く予測できなかった、言葉を超えた触れ合いができると、怪獣を作っていて良かったと思います。

Q:
展示、映像制作、グッズ制作など怪獣たちのお披露目のカタチもいろいろあると思いますが、たなかさん自身が楽しかった、もしくは刺激を受けた展覧会やイベントなどを教えてください。
A:
やはり、個展です。
それぞれの人が自分のために時間を使って見てくれているということはそれだけで感動でした。
初めての個展だったので展示が失敗したらすごく自信を失うだろうと思い、開催が怖かったのですが、
後押ししてくれる人に恵まれて、そして結果たくさんの人がきてくれて、お話できて、制作し発表することにすごく前向きになれました。

Q:
作家として今後こんな活動をしてみたい!といった夢、こうなりたい!といった目標などありましたら教えていただけませんか?
A:
もっと、大きな、大きな子を作ってみたいです。
そして自分にとっての怪獣の居場所をもっと深く探っていけるような制作を続けたいです。

たなかあやね_2

たなかあやね_3

インタビューをするうえで、「怪獣を現すということ以外は結構怪獣任せなところがあるので」という表現が微笑ましいなと感じたのですが、その回答全体がなんだかとてもしっくりきました。
展示会場などに姿を現した怪獣たちがもちろん制作としては完成だと思うのですが、その場に出て、触れた人の反応や新しい見方と触れ合って、また新しい価値観などをもつのだと改めて感じたインタビューでした。
今回のつくし荘においても、みなさんと怪獣の出会いから新しい価値観がたくさん生まれたらいいなと期待しています。恐る恐る近づくと、じつはなかなか可愛い怪獣たちがお待ちしています。

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP