つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】そらい(第1部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.13

9月13日(火)よりはじまる「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

そらい(第1部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
子供でも描けそうな抽象画を自由に描いています。
いつも内容について説明が出来ませんがとりあえず何も考えておりません。
わかりにくい、伝わりにくい内容ですがいつも「こんな」感じです。
ツイッターのフォロー24時間お待ちしております( ゚д゚ )
Web:https://twitter.com/TokonameSorai

 

そらい_1

Q:
作品制作を始めたきっかけを教えてください。
A:
きっかけは覚えてないですね…8〜9年は描いているんですが、昔すぎて思い出せません。
気持ちを抑える、残す一環と言われればそうかもしれません。

Q:
普段はどうやって描いているんですか?
A:
板を一気に15枚くらい買ってきて、全部同時に描いています。板に色をのせて、乾くまでに次の作品をすすめて。昔、油彩を描いていたのでそういう描きかたが身につきました。油彩は乾くのが遅いし、色を混ぜにくいしので、今はアクリルで描いています。お酒をのんだりしながら描くこともありますよ。

Q:
自分の中で製作時のルールなどありますか?
A:
ルールは特に決めていませんが、筆は使っていません。シリンダーとか、料理に使うローラーとかで描いています。筆だと「うまく」描いちゃうから。

Q:
そらいさんにとっての、「いい作品」の基準はどんなものでしょうか。
A:
考えすぎない、時間をかけすぎない、そうやって描いたうえでどこかに飾ってもいいほどよさがある作品でしょうか。あまり基準はありません。

Q:
つくし荘に出そうと決めたきっかけは?
我々としては、SNSに発表されている作品を拝見したとき、「なんかいいなあ」と思ってお誘いしました。言葉にするのは難しいのですが…
A:
きっかけは、お誘いをいただけたからです。「なんかいい」ってよく言われるんですよね。ただ、「なんかいい」「自由」としか言いようがないのはわかります。たまにもっと言葉を選んで、説明しようとしてくれる人もいてびっくりしますが。
実は、自分で設置作業をするのははじめてです。普段はお誘いをいただいたら作品をお送りして設置などは相手に任せています。

Q:
自分で展覧会を開いたり、会場に行ったりはあまりされないんですね。
A:
抽象表現なので、あまり他の人の作品を見て参考にするものじゃないと思っているので、あまり会場に行かないのかな。
作品よりも、SNSなどでみなさんが公開している制作過程とかは見ています。色やグラデーションはどうやって描き出してるのかとか、どんな道具を使ってるんだろう、とか。知らないと技術がとどまっちゃう。それは嫌だなと思います。

Q:
今後の目標、チャレンジしてみたいことなどありましたら教えてください。
A:
個展を開いてくれたら行きますよ、という方がいらっしゃるので、個展をやったらいいのかなと思うんですけどどうなんですかね?(笑)あと、大きな作品を久しぶりに描きたいです。

そらい_2

独学で、気がついたら描くことが続いていたというそらいさん。こだわりがないといいいつつも、描き方、塗り方、相手からの反応などを探りながらよりよい作品づくりを独自にすすめられている方でした。抽象画はなかなか感想をいいづらいものですが、もっと「いいね」していいとのことですので(笑)、実物を観ての「なんかいい」感想も、ポストにお待ちしています。

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP