つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】藤目てつ緒(第1部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.12

9月13日(火)よりはじまる「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

藤目てつ緒(第1部、アートスペースエーワン会場)
Profile:
はじめまして、藤目てつ緒と申します。
高校から本格的にアートを学び始め、美術大学、会社経験を経て、現在フリーにて活動しております。
普段は東京を中心に、イラストやデザインの展示やプロジェクトに参加しております。
個人の作品は「人物」と「花」を主な題材にし、色気のある作品を目指しています。

 

藤目てつ雄_1

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
幼稚園の頃にアトリエ教室に通った事がきっかけだと思います。

Q:
今回お誘いしたのはデザフェスで連作を拝見し、そのインパクトに心奪われた男子と花の連絡がきっかけです(写真下)。これらはどのような経緯で生まれ、連作となったのでしょうか。
A:
実はデザフェスで出品したものはスランプになった時に制作したんです(笑)。
もともと、私の作品のモチーフは「女の子」がほとんどだったのですが、あの時は描いても描いてもなぜか顔が凛々しく、ゴツくなってしまいどうにも上手く女の子が描けなくなってしまったんです。なら、もう男の子で描いてしまおう!とやけくそでテーマを変更したら、「花と思春期の男の子」という私の中ではミスマッチな初めての雰囲気の作品になりました。
連作なのは、何枚も描くのが好きでシリーズにしてしまうのです。

Q:
思春期男子と花の連作は初めての雰囲気を醸したシリーズだったんですね。今回も人物と花のシリーズをお持ちくださるのでしょうか?
A:
題材はいつもどおり「人物」と「花」です!テーマを具体的な言葉でいうと「耽美ポップ」を目指してシリーズで描いています。耽美な絵画とか雰囲気がすごく好きなんですが、あのたまに混じる独特なグロテスクさは描けないので、それを取り除いてポップさが入れば良いなと考えながら制作してます。

Q:
描く人物のキャラクター、花の種類、配置や色味など、制作するうえで意識したり心がけたりしていることがあったら教えてください。
A:
人物のイメージ、キャラクターは常に色気があるかどうかだけを意識しています。綺麗、可愛い、かっこいいみたいな「魅力」を感じる表現って沢山あると思うんですが、植物や動物にはない「色気」って要素は唯一、人間にしか当てはまらないと思うんですよね。
花の種類は先に花言葉を調べておもしろい、意味深なものを選びました!配置は感覚ですが、実は色相が苦手なので着色は毎回かなり苦しんで決めてます。

Q:
かなり精巧に描かれたうえにがっつりと塗られていますが、線を決めるまでにどのくらい時間をかけていますか?
A:
制作時間の3分の1以上は線(下書き)を決める時間に使っていると思います。むしろ線や下書きが終わったら、作品の殆どは出来てる感覚でやってます。

Q:
普段どのようなものを資料に描かれるのでしょうか。雑誌とか、はたまた道行く人とか。
A:
具体的な資料は昭和のアイドルの写真集や、好きな単語を打って出てきたネットの画像をひたすら見て参考にする事が多いです。もちろん写す事はありませんがポーズや表情を見ながら参考にさせて頂いてます。

Q:
今後の目標、チャレンジしてみたいことなどありましたら教えてください。
A.
立体作品をチャレンジしていきたいです。大学の卒業制作は立体だったのですが、それをブラッシュアップしたいです。立体は制作環境を整えるのと時間が掛かる作業なので、なかなか手を付けられていないので…。

藤目てつ雄_2

 

今回お誘いしたきっかけが「男子と花の連作」を拝見して思わず声をおかけしたことだったのですが、これらはスランプの中で制作された作品たちだったんですね。静かに流れる異質な空気は本当にどきっとさせられました。
性別もタッチも変われど、独特の怪しげな色気をまとった藤目さんの「耽美ポップ」な作品たち、ご堪能ください。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP