つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】ヤマザキシズキ(第1部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.12

9月13日(火)よりはじまる「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

ヤマザキシズキ(第1部、アートスペースエーワン会場)
Profile:1993年生まれ 名古屋造形大学出身
女性向けのシンプルで、スタイリッシュなイラストレーションを心がけて制作をしています。
Web:https://www.instagram.com/shizukiyamazaki/

 

ヤマザキシズキ_1

 

Q:
あなたが作家活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
幼少期から絵を描くとこが好きだったので。名古屋造形大学でイラストを学び現在のタッチになりました。

Q:
モードな雑誌からとび出してきたようなモチーフと線が優雅で自由で、とても魅力的だなと思いました。
普段制作されるとき、 どのような資料やものを参考にされていますか?
A:
VOGUEやELLE、BAZAARなどのファッション雑誌や、ショッピングへ行った際に素敵だと感じた物や風景を参考にすることが多いです。

Q:
線の流れが美しく潔いなあと感じます。作品に起こすまでにどのような工程で制作していらっしゃるのですか?イメージを起こしてから納得いく作品が出来上がるまでに、どのくらい時間を費やしていらっしゃるのでしょうか。
A:
クロッキーにイメージを起こしてから、本番の紙にアタリを取って一気に描きます。枚数を描いてその中から納得のいったものを選ぶので、3・4日出で来たり、2週間くらいかかったり様々です!

Q:
描くときに大切にされていることがありましたら教えてください。
A:
シンプルな絵を描くことが多いので、良い線を描けるように心がけています。他には、絵を見て百貨店の化粧品フロアに入った時や、アパレルショップに入店したときのようなワクワクする気持ちを再現できたら良いなと思って制作しています。

Q:
しょうもない質問になってしまうかもしれませんが…
ヤマザキさんご自身と作品内の世界や表現にリンクしているところ などはありますか?まだお会いしたことはありませんが、すごくオシャレな方なのではないか…と思って。
A:
共通点となるかどうかは分からないのですが、自分が着てみたい!とかこういうこういう物がほしい!というものを描くことも多いです。
私自身がオシャレか?と言われると自信がないです…(笑)

Q:
最後に、今後作家としてチャレンジしたい目標や、こんな活動をしてみたい!といった夢などがあったら教えていただけませんか?
A:
今後も展示や、クリエイティブ関連のイベントなど積極的に参加していきたいです!

ヤマザキシズキ_2

着てみたい!欲しい!から構想の膨らむヤマザキさんの作品。アートを観る楽しさももちろんなのですが、その先にリアルな憧れがあり、観る方を刺激します。
気持ちのいい線とあわせて、おめかしする、デートするといったみなさんの中のワクワク感を呼び起こしながらお楽しみいただけるはずです。

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP