つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】 なしえ(第1部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.11

9月13日(火)よりはじまる「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

なしえ(第1部、アートスペースエーワン会場)
滋賀県出身。紙媒体の雑貨やヨガマットの柄デザイン、メニューやポスターの挿絵経験があります。
食べもの・宇宙・キラキラしたものが好きです。
Web:http://nashie-sakuhin.tumblr.com/
Twitter:https://twitter.com/nashie3

 

なしえ_1

Q:
あなたが創作活動を始めたきっかけを教えてください。
A:
絵がコミュニケーションのツールとして扱えることを知ってから、作品を発表するようになりました。

Q:
あなたが「つくし荘に参加しよう」と思った決め手を教えて下さい。
A:
知っている作家さんが参加されている回の写真や呟きを見て、とても楽しそうな空気が伝わっておりました。
いいなあ、と思っておりましたらこの度お声かけをいただいたので、参加を決めました。

Q:
食べ物を描いた作品について、正確な作画と遊びのある色の置きかたが美しく、かつ、とてもおいしそうです。観ていて食欲が刺激されます。
制作工程の中で、大切にしているポイントがありましたら教えてください。
A:
食べものを描くときは、なるべく深夜に描くようにしています。
「どうにもお腹が空いている。でもこの時間に食べてしまうと・・・」という気持ちをイラストに込めるように(笑)

Q:
なるほど。確かにイラストにその気持ちは込もっているなあと感じます(笑)
もちろん実物を捉えて描かれてるとは思うのですが、日頃参考にされている資料や作家さんなどはいらっしゃいますか?
A:
「やさしい色鉛筆」(秋草愛 / 主婦の友社)という本が好きで、何度も読んでおります。
優しい色使いをしつつ、美味しそうなフードイラストレーションが多数掲載されています。

Q:
私も秋草さんのその本持ってます、本自体もイラストも、素敵ですよね!
なしえさんの作品もきれい、おいしそう、かわいい、など心地よい感情をつないでくれると思うのですが、記憶に残るお客さんの反応があったら教えてください。
A:
作品の前に立たれたあと、お客さんのお腹が「ぐぅ」となったのが印象深いです。
丁度お昼どきだったからかもしれませんが、あまりにもタイミングがよく。

Q:
今後の目標、チャレンジしてみたい仕事などありましたら教えてください。
A:
本の挿絵など 文字に絵を添えるお仕事にチャレンジしたり、アニメーション作品制作を復活したいです。

なしえ_2

美味しそうな料理やお菓子の写真に、ついついフードイラストの話に偏ってしまいましたが、デッサンもツヤ感・シズル感あふれる色の乗せ方もお見事ななしえさんのイラスト、食べ物に限らず花や風景、宝石などかわいい・素敵・欲しい!がいっぱいつまったモチーフがいっぱいです。ぜひ、原画でお楽しみください!

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP