つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】秋田ひろみ(第1部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.11

9月13日(火)よりはじまる「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

秋田ひろみ(第1部、アートスペースエーワン会場)
愛知県在住のイラストレーターです。植物や食べ物をモチーフに、透明水彩でイラストをかいています。紙の質感や絵の具の色をいかせるようなイラストを心がけています。
Web:http://akita-illust.com

 

秋田ひろみ_1

 

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
大学を出て就職をし、一度絵を描くことから離れた時期に改めて絵を描き続けたいと思ったことがきっかけです。

Q:
制作活動から一度離れたのち、もう一度描き続けたいと感じたきっかけは?
A:
出社して仕事を淡々とこなしていると、突然絵が描きたくなることが多々ありました。でも家に帰ると絵を描く気はすっかり消えていて結局何もせず…そんな日々が長く続いていたのですが、絵を描きたい気持ちが帰宅まで続いている日があり、勢いで構図を練り、線画を描き、パネルを水張りして大学の頃の課題のようにしっかりと絵を完成させてみました。そしたら楽しくて楽しくて、気づいたら絵を描く生活に戻っていました。

Q:
秋田さんの作品、水彩の柔らかい滲みと色と色との隙間で取る柔らかな線が優しく、とても心を和ませてくれますね。昨年のつくし賞でまさしく「一目惚れ」したのを覚えています。
すごく丁寧に色を置かれてると感じたのですが、1作品を完成させるのにどのくらい時間をかけていらっしゃっるのでしょうか?
A:
下書きから完成まで、だいたい丸一日です。午前中に水張りまでして、夜7時ごろに完成する…という流れが多いです。なぜかどんなサイズのイラストでもこのタイムスケジュールに自然となるので、不思議なのですが。一番時間がかかるのは絵の具の色を作る時です。微調整を繰り返して繰り返してこれだ!という色ができるまで粘るのでかなり時間がかかります。

Q:
線画・着色など、制作の中で大切にしていること、注意することがあったら教えてください。
A:
線画はシャープペンで書いたあと消しゴムで全部消して、その消し跡を目安に色を置いています。完全に消してしまうと見えなくなってしまうので、目立たない程度に残して消す作業がかなり気を使います。

Q:
好きな作家さんや参考にしている書籍などはありますか?
A:
絵とは全く関係無い、料理雑誌「オレンジページ」をよく参考にしています。アイデアが浮かばない時や行き詰まった時にペラペラとめくっていると、なぜかよくひらめくので。

Q:
今後の夢や、イラストレーターとして挑戦してみたいことがあったら教えてください。
A:
今まで透明水彩という画材にずっとこだわってきましたが、他の画材も使って絵をかいていきたいと思っています。

秋田ひろみ_2

 

つくし荘出展について「普段は画像データでばかり絵を公開していますが、原画もぜひ見ていただきたかったので参加いたしました」とおっしゃっていた秋田さん。
SNSでも拝見できる優しく淡い水彩作品たち、原画を拝見すると水彩の広がりやにじみ、鮮やかさが格別です!ぜひ間近でご覧ください。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM大澤

PAGE TOP