つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】りすおりす(第1部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.11

9月13日(火)よりはじまる「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

りすおりす(第1部、アートスペースエーワン会場)
愛知県在住のイラストレーターです。名古屋を中心に、イベントや展示などに参加しております。子供やどうぶつをモチーフに、物語の一場面のようなイラストを目指して日々制作しております。透明水彩とお絵かき、読書が何よりも大好きです。見ていただいた方に少しでも楽しんでいただければ幸いです。
Web:http://risu-no-march.jimdo.com/

 

りすおりす_1

 

Q:
あなたが創作活動を始めたきっかけを教えてください。
A:
子供の頃から絵を描くことが大好きでした。
高校の頃にポスターを制作したり、作品の発表があった事で、もっと人に見てもらいたい!と思うようになったのがきっかけだったように思います。

Q:
あなたが「つくし荘に参加しよう」と思った決め手を教えて下さい。
A:
昨年のつくし荘での展示を拝見して、とてもワクワクする素敵な展示でした。なので、今回声をかけていただいた際にこのチャンスを逃してはいけないと思いました。

Q:
描くことに加えて、高校生の頃に作品を魅せる面白さを感じたことがその後の学校選びにつながっているんですよね。
りすおりすさんの作品はいい意味でストレートに可愛い、楽しい、鮮かな作品が多いのですが、
普段どんなモチーフや資料から作品の構想を練っていますか?
A:
図鑑や写真、百貨店や本屋さんなどはよく見ます。文具売り場や本屋さんなどは、季節感のあるものが多いので、モチーフを探しによく行きますね。小説に出て来た場面を絵のモチーフにすることもよくあります。
中世ヨーロッパや明治・昭和が舞台の小説が好きで、その場面を描けるようになりたいなと思い、本屋さんや図書館で建物や歴史、衣装の本を探しに行きます。
街中で見かける人の服を参考にすることもあります。

Q:
作品の中にいろいろなモチーフが登場するため、にぎやかで明るい、でも派手すぎない作品が多い印象です。
作画・着彩するときに気をつけていること、ルールなどはありますか?
A:
色合いに関しては、初めにいろいろな色を使って下塗りをして、その上から固有色を乗せる事が多いので、いつもカラフルな画面になってしまいます…。なので、ひとつの絵の中でこの色はほとんどのモチーフに入れる!などの決まりを作っています。
作画の際は、実際のモチーフの資料を見ながら、ファンタジーな要素もこめて描いています。描きたいものが多くなるので、色合いで統一感が出せたらいいなと思っています。

Q:
本というキーワードに関連して。好きな作品や挿絵画家さんなどを教えてください。
A:
読んでいてワクワクする児童文学や、最近は海外の怪奇小説もよく読みます。ガース・ニクスの「王国の鍵」という長編ファンタジー作品が、中世ヨーロッパの雰囲気で、巻ごとに舞台設定が違うので、想像が膨らみます!
挿絵画家さんでは、片山若子さんが大好きです!水彩の色使いがとても綺麗ですが、モノクロの挿絵も魅力的なので、本屋さんで見かけると必ず手にとってしまいます。

Q:
今後の夢・目標や、チャレンジしたいお仕事があったら教えてください。
A:
ずっと憧れているお仕事は、本の挿絵や装画を描くことです。
なので、ブックカバー展で優秀賞をいただけた時は、少し夢に近づけたようでとても嬉しくなりました!
少しずつ見ていただける機会が増えているので、もっと自分だけの表現を磨いて、いつか本にまつわるお仕事がしたいと思っています。

 

りすおりす_2

 

イベントのテーマイラストを担当されたり、ブックカバー展で優秀賞を獲ったり、精力的な活動の中でどんどん注目を集めているりすおりすさん。名古屋エリア発・今注目の若手作家といっても過言ではありません。
隅々まで心を込めて描かれた、ファンタジーの中のような世界をぜひじっくりとお楽しみください。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP