つくし報

【つくし荘出展作家インタビュー】松井あやか(第1部、A-1)

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.09.10

9月13日(火)よりはじまる「つくし荘 作家選抜展」。今年も46人の魅力溢れる作家が2週にわたって名古屋に集結します。
今回は広報より出展作家46名をインタビュー形式でご紹介します。
つくし荘を観る前に、観た後に、ぜひお読みいただき、もっともっと作家のファンになっていただければ嬉しいです。

 

松井あやか(第1部、アートスペースエーワン会場)
Profile:カラーインクを使ってアンティークなイラストを描いています。 繊細な風景や空気、ストーリーの伝わる絵を描きたいです。
Web:https://twitter.com/shirakaw0a

 

松井あやか_1

 

Q:
あなたが創作活動をはじめたきっかけを教えてください。
A:
沢山の人と関わりながら作品を作っていきたいと思ったからです。

Q:
古い小説の挿絵のような描写・表情は松井さん独特ですね。ファンタジックな世界にうっとりします。
現在の表現に到達するまでにどんなもの、どんな作家に影響を受けていらっしゃるのでしょうか。
A:
雑貨や本に落とし込んだときに使える絵柄にしたかったことと、自分にしか描けない絵柄に憧れて試行錯誤して今の状態に落ち着きました。
好きな作家は、トーベ・ヤンソン、エドワード・ゴーリー、ウィリアム・モリスなどなど…沢山います。

Q:
女の子からおじさままで、たくさんのモチーフを描き分けていらっしゃってどれも可愛く楽しいのですが、
松井さん自身が描いていて楽しい、夢中になるのはどんなモチーフですか?
A:
物語のワンシーンが描いていてとても楽しいです。バックボーンがしっかり決まると夢中になります。また、キャラクターは画面に複数いる方が好きです。

Q:
物語のワンシーンを描くのが楽しいとのことですが、どのように完成イメージを構築していくのですか。
描きながらイメージがどんどん膨らみ足し算していく感じなのでしょうか。
A:
描きだす前にしっかりと構築します。そのために、様々な国の文化だったり歴史だったり必要な資料をとにかく集めます。絵を描くのにかかる時間よりも、資料集めの方が長いかもしれません。

Q:
ひとつの作品を描き上げるのにどのくらい時間を費やしますか?
A:
だいたい1週間ほどでしょうか。小さい絵だと一日で、大きくて複雑だともう少しかかります。ただ描いている途中でまた資料を集めだしたりするので、実際はどうなのか分かりません。

Q:
挿絵のお仕事などもされているようで、活動の幅が広くて素敵だなと思います。
今後挑戦されたいお仕事や活動など、目標や夢などありましたら教えてください。
A:
挿絵をもっと描きたいことと、書籍の表紙も描いてみたいです。
映像だったり、すこし違う分野にも興味があります。

松井あやか_2

 

今年のアートグッズショップ企画「GirlsGoodsGallery」ではじめてイラスト、グッズを拝見し、つくしチームスタッフの心を鷲掴みにした松井さんの作品。古典小説の中から飛び出してきたような、どこか懐かしくあたたかい世界にみなさんをお連れします。
作品の中の世界を思い浮かべながら、ぜひじっくりとご覧ください。

 

インタビュアー:TSUKUSHI TEAM 大澤

PAGE TOP