つくし報

記録に残る?記憶に残す?つくし賞参加ノススメ

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.07.14

9月に名古屋の中心地・栄のセントラルパークで同時開催する、
アートコンペつくし賞、アートグッズショップつくし堂。
ただいま続々とエントリーいただいております。楽しみだな、ありがとうございます。

つくし賞とつくし堂、名古屋最大のショッピングエリア・オフィスエリアである栄のセントラルパークでの同時開催は今回で3回目(3年目)を迎えます。
今年初めてご参加いただくみなさんも、毎年ご参加くださるもはや一方的ながら仲間!だと思っているおなじみのみなさんも、せっかく参加するのなら少しでも、もしくは前回よりも、手応えを感じてもらいたい!
そこで、つくしチーム広報より出展者の(もしくはまだ参加を迷っている)みなさんへ、
つくし賞・つくし堂でより手応えを得るヒント、のようなものをお届けしようと思います。

 

【100人コンペで残すは記録?記憶?つくし賞参加のコツ】

つくし賞の会場は地下鉄久屋大通駅の改札横、
全長55メートル(!)の巨大なギャラリー「セントラルギャラリー」。
ここはちょうど改札すぐの、東急ハンズさんの入るANNEXビルや名古屋屈指のショッピングエリア・セントラルパークへの玄関口で、1日2万人が行き交います。

つくし報_15_1

つくし報_15_2

この「セントラルギャラリー」、広い!本当に広い!
もちろん近づいてじっくり鑑賞することもできますが、
通路に面していますので、離れたところからも眺めお楽しみいただけるギャラリーです。

 

つくし報_15_3

投票は、全作品の中から1、2、3番目に好きな作品をそれぞれ選んでいただく投票式。
これだけの広さで、かつ100人の作品が飾られていると、作品それぞれの素晴らしさや面白さに、本当に本当に、 どれに投票するか迷います。

 

ここで、昨年の金・銀・銅賞の作品を見てみましょう。

つくし報_15_4

■金賞:Amiさん
 
 
つくし報_15_5

■銀賞:きみこさん
 
 
つくし報_15_6

■銅賞:kamuさん

 

出展して下さるみなさんには、発表の機会にまず参加してみようという方から、
本気で金賞(第1位)を狙ってくる方まで、様々な方がいらっしゃいますが、
入賞された方の作品は、まず第一に作品力ですが、
ちょっと離れたところからもぱっと目を引く要素もしっかりとあるなあと思います。
目を引く大きさ、鮮やかさ、飾り方でアピールしたり。
100点すべて眺めても、最後に「ああ、あの作品」と思い出すことができます。

これから制作にかかるという方は表現などで。今ある作品で参加される方はたとえば額装など再考して。
「どうすればみなさんの記憶に残るのか」を研究してみてもいいかもしれません。

 

もちろん、賞を獲ることがすべてではないと思います。
みなさんの作品や活動を多くの人に知ってもらうことだってできるのも、街のど真ん中に開けたギャラリーならではのメリットです。
ここセントラルギャラリーは、地下鉄名城線・桜通線、5分も歩けば東山線や名鉄瀬戸線にもつながり、他のギャラリーやイベント会場へのアクセスも抜群!
ギャラリーオーナーやアート関係者のみなさんもお立ち寄り下さいます。

家族や友達など、大切な人に作品を見てもらうのもよし。
投票箱の近くに名刺を設置することもできますので、次の展示やイベントのPRを兼ね、展示するのもよし。

 

つくし賞、みなさんだったらどう参加しますか?
もちろん、まずは楽しんでご参加いただければ嬉しいですが、
参加することにより、みなさんの活動の糧になるものをひとつでもふたつでもお持ち帰りいただければ嬉しいです。

つくし報_15_7

【つくし賞 作品公募展】7月19日まで参加者募集中!
■開催期間:2017年9月2日(土)〜13日(水)
■会場:セントラルギャラリー(名古屋市中区栄、セントラルパーク内)
【つくし堂 出張作品店】と同時開催!

■作品規定
ジャンル:不問
形態:平面 or 壁に掛けられる半立体(奥行30cm以内)
サイズ:縦61/横61cm以内 ※額に入れる場合、額込みのサイズ
規定作品数:1点 ※サイズ内で複数点の展示不可

 

昨年受賞者の個展も続々スタートしています。必見!
【第8期 作品公募展 つくし賞 金・銀・銅賞受賞展スケジュール】
[金賞受賞:Ami個展]
■会期:7月25日(火)~30日(日)
■会場:ART SPACE A-1(名古屋市中区)
[銀賞受賞:きみこ個展]
■会期:6月30日(金)~7月30日(日)
■会場:レストランものがたり(岐阜県可児市) ※オリジナルデザートも販売!
[銅賞:kamu個展]
■会期:8月1日(火)~8月13日(日)
■会場:MITTS COFFEE STAND(名古屋市中区)

 

〜つくし報 NO.15〜
書き手:大澤

PAGE TOP