つくし報

【作家原画展 つくし荘】第2部のご紹介at三省堂書店

カテゴリー:つくしチームからのお知らせ2017.06.25

名古屋駅の新しいファッション・カルチャー・グルメスポットとして定着しつつある、JRゲートタワー。
仕事帰りにも立ち寄りやすく、21時まで営業しているのでついつい寄り道しちゃいます。

つくし報_12_1

そんなJRゲートタワー、8階の三省堂書店名古屋本店さんで開催している原画の展示販売「つくし荘」は、
先週から作家が入れ替わり、新たな作家2人の作品をご紹介しています。
今回の展示は2人の作風のコントラストがとても美しい!必見です。

 

●りゅういちさん

つくし報_12_2

りゅういちさんの透明水彩で絵描かれるのは、カラフルでポップ、
それでいてどことなく寂しげな女の子たち。心をぐいっと掴まれた方も多いのではないでしょうか。
グッズもたくさん揃っていてどれを買おうか迷ってしまいますが、まずは原画をぜひとも観て!!
本物の色、滲みの柔らかさは格別です。

 

●升井理映子さん

つくし報_12_3

つくし報_12_4

点描画家の升井さんの魅力は、シャープな点描と、箔や額装など、
遊び心あふれる技術がミックスされた作品たち。
女性のうっとりするような表情も、箔のきらめきも、角度によって見え方がまったく変わるのが魅力的!
シンプルな部屋にひとつ飾りたい、存在感あふれる作品たちです。

 

つくし報_12_5

これまでの展覧会で売約された過去作品や書き下ろしたイラストによるグッズもそれぞれ揃っております。

 

この展示販売企画は、購入作品をその日お持ち帰りいただけるため、文字通り一期一会の作品展示です。
また、現在ベストセラーラック(タカシマヤゲートモールの、中央エスカレーターから上がったすぐ横)にて展示していますが、
7月より展示場所が店内の別スペースに移動になるため、バランスをみて展示作品を変えるかもしれません。
いま展示されている作品たち、ぜひ鑑賞して、お気に入りはファンの方に手に入れてほしいなと思います。

 

【作家原画展 つくし荘】
◼︎開催期間:2017年7月19日まで
◼︎会場:三省堂書店名古屋本店(JRゲートタワー/タカシマヤゲートモール8階)

〜つくし報 NO.12〜
書き手:大澤

PAGE TOP