つくし報

作家 かわいみな【水彩色鉛筆講座】3/2

カテゴリー:作家さんお役立ち情報2019.03.08

活躍している作家さんの作品づくりや技術を、つくしチームが記事にまとめ、
広くの作家さんへ発信→共有することで、アートを皆さんで有意義に楽しめればなと想い、
活躍作家【作品づくりノート】を、定期的にアップします。

第1弾は、かわいみなさんによる、水彩色鉛筆講座です。
水彩色鉛筆についての本も書いてらっしゃるので、ぜひお願いしてみました。

今回の記事は、実践編です。
では、どうぞよろしくお願いいたします。

自己紹介・基本編はこちら
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
=== 目 標 ===
 
 
当講座では、この線画を
かわいみなブログ_線画
↓↓↓↓↓
かわいみなブログ_色
このように塗る方法を、3回に渡り記事をアップします
 
 
★実践用の線画をプリントして、塗り絵にご活用くださいませ
(他の目的での使用や配布禁止)


 
 
=== 実 践 ===
 
 
●肌・髪の毛・いぬ

< 1 >
肌のベースを色鉛筆で塗り、水筆で塗ってなじませる。
顔の真ん中を明るく、髪の毛のあたり・耳の部分・首は濃いめにすると立体的になります。
かわいみなブログ_2-1

< 2 >
乾いたら、頬をピンクの鉛筆で塗る。
ほわほわっとした感じにしたいので、水筆では塗らずに色鉛筆のまま。
かわいみなブログ_2-2

< 3 >
髪の毛。髪の流れを意識して、グレーの鉛筆で塗る。
頭の上のほうを明るくすると立体的になります。
かわいみなブログ_2-3

< 4 >
先ほどのグレーより濃い茶色の鉛筆で重ね塗り。
このときも、髪の流れに沿って。
かわいみなブログ_2-4

< 5 >
水筆でなじませる。
水筆で塗るときも、髪の流れを意識して。
かわいみなブログ_2-5

< 6 >
乾いたら、先が少しとがった濃い茶色の鉛筆で、
髪の線を描き入れるとメリハリがつきます。
かわいみなブログ_2-6

< 7 >
女の子の髪の毛も同じように。
ウェーブがかかっているときは、盛り上がった部分にハイライトを残してもよいです。
(水筆で色鉛筆の芯の色を溶かしてなじませるとき、
 水筆をこまめにテッシュなどで拭きながら塗ると、均等に塗れます)
かわいみなブログ_2-7-1
かわいみなブログ_2-7-2
かわいみなブログ_2-7-3

< 8 >
犬の毛並み。まず、ベースの薄い色を鉛筆で全体に塗る。
かわいみなブログ_2-8

< 9 >
毛の色が濃い部分を鉛筆で重ね塗り。今回は3色使いました。
犬の毛並みを意識して塗るとよりよいです。
かわいみなブログ_2-9-1
かわいみなブログ_2-9-2

< 10 >
水筆で塗ります。
このとき、一気に全面を塗るのではなく、
ちょこちょこと部分的に塗ると、犬の毛のもしゃもしゃ感がだせます。
一気に塗るとのっぺりします。
また、乾いてから髪の毛と同じように、濃い色の鉛筆で毛を描き足すのもよいです。
かわいみなブログ_2-10
 
 
●ブランケット、ソファ

< 11 >
フリンジつきブランケット。
オレンジの鉛筆で、濃い部分と薄い部分がでるように、ムラをつけて塗る。
かわいみなブログ_2-11

< 12 >
同じように赤色の鉛筆で重ね塗りし、
水筆で塗る。
かわいみなブログ_2-12-1
かわいみなブログ_2-12-2

< 13 >
フリンジ部分。
ベースを黄色の鉛筆で塗り、水筆で塗る。
かわいみなブログ_2-13-1
かわいみなブログ_2-13-2

< 14 >
赤色の鉛筆で、細く線を入れてゆく。
(よくある毛束にいろんな色があるイメージで…)
かわいみなブログ_2-14

< 15 >
もこもこのブランケット。
素材感をだしたいので、色鉛筆で小さな〇をぐるぐると描くイメージで塗る。
見本のように、白くハイライトを残すと立体的になります。
かわいみなブログ_2-15

< 16 >
その他、クッションなども塗る。
かわいみなブログ_2-16-1
かわいみなブログ_2-16-2

< 17 >
ソファ。まず、下の暗い部分を中心にグレーの鉛筆で塗る。
かわいみなブログ_2-17

< 18 >
次に、黄緑色を重ね塗り。
かわいみなブログ_2-18

< 19 >
薄いほうから水筆で塗ってゆく。
だんだん水筆に絵具がたまるので、
こまめにティッシュで拭きながら塗ってゆくとよいです。
かわいみなブログ_2-19-1
かわいみなブログ_2-19-2
 
 
〜次回は、線画に色を塗る実践つづき→完成編です〜
 
 
=== 続 く ===
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
●プロフィール
かわいみな/愛知県出身
http://kawaimina.wixsite.com/works
日常の中にちょっと魔法がかかったような、
身近だけど不思議なイラストを描いています。
書籍の挿絵、展覧会などで活動中。

水彩色鉛筆での、ぬりえやイラストの描き方の本も書いています。
もしよかったら参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓

水彩色鉛筆ではじめるぬりえの塗り方上達レッスン

水彩色鉛筆とペンで描く大人のお絵描き上達レッスン

PAGE TOP